成果報告書詳細
管理番号20090000000257
タイトル*平成20年度中間年報 バイオマス等未活用エネルギー実証試験 バイオマス等未活用エネルギー実証試験 焼酎粕のアルカリ水素メタン発酵によるエネルギー回収技術に関する実証試験事業
公開日2009/9/16
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社タクマ
プロジェクト番号P02057
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約本実証試験事業においてアルカリ水素メタン発酵システムの実証を目的として、平成17年度に設置した実証試験設備(処理量40t/d)の運転により,平成20 年度はシステム運転条件の検討,焼酎原材料種(麦,芋)の切り替え時および焼酎粕性状変動への対応法を確立した。 1) システム運転条件の検討 麦焼酎粕において,前処理脱水の最適化を行い,エネルギー回収率70.6%を達成した。 一方,芋焼酎粕ではエネルギー回収率63.4%であった。システムの加温は必要なく,回収したエネルギーの全量を系外へと利用することができる。 (2) 焼酎原材料種の切り替え時対応法の確立 1 ヶ月の運転停止後,芋から麦の切替を実施した。発酵槽負荷を定格負荷の25%から開始し,同じ負荷を5 日間保持し,段階的に負荷を上昇させることで20 日での再立上を達成した。
英文要約Anaerobic digestion, such as methane fermentation, attracts attention again as an energy recovery technology from organic waste. Then, we have developed the technology that combines the alkaline pretreatment and hydrogen fermentation with the methane fermentation. The following were done in the fiscal year 2008. (1)Optimization of this system In the barley shochu lees, because of optimizing of the pretreatment system, the energy recovery rate 70.6% was achieved. On the other hand, it was 63.4% in the potato shochu lees. (2)Substrate changeover and re-startup operation The re-startup and the substrate changeover operations were done because no emissions of the shochu distillation lees for about one month. Because the fermentation tank load was begun from 25%, the same load was maintained for five days, and the load was raised gradually, it achieved on re-startup on the 20th.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る