成果報告書詳細
管理番号20090000000306
タイトル平成20年度成果報告書 有害アスベストの高感度検出技術、高効率資源化技術に関する戦略調査-有害アスベスト対策に関する戦略ロードマップローリング-
公開日2009/9/12
報告書年度2008 - 2008
委託先名神鋼リサーチ株式会社
プロジェクト番号P99029
部署名環境技術開発部
和文要約調査の目的および背景: 平成18年9月1日からアスベスト含有建材の規制範囲が1%から0.1%超に強化され、アスベスト含有建材として対処すべき製品の量や種類が格段に増大する。 本調査事業では、国内外の最新技術の動向を収集、解析し、アスベストの飛散・浮遊防止に関するリスク最小化、およびアスベストの削減処理が抜本的に可能となる技術開発要素を調査して、対策技術体系の整理を行い、これらの調査結果から、今後、NEDO技術開発機構が優先的に取り組むべき研究開発テーマについて分類・抽出を行い、0.1%超の微量アスベストに対応できるため、技術戦略ロードマップのローリングを作成することを目標とした。 調査内容 1)新たなアスベスト類似鉱物種(フォルステライト等)を迅速に探知・検出できる国内外の計測技術に関する調査 建材中のアスベストと無害化処理時の副生物(フォルステライト)およびアスベスト6種すべてにつき、迅速に分析する技術の探索と技術開発課題を明確にした。 2)飛散・浮遊アスベストを簡易・迅速に分析できる国内外の計測技術に関する調査 大気中に飛散・浮遊している微細なアスベストを簡易、迅速、低コストで分析できる分析方法を探索し開発方向を明確にした。 3)オンサイトで安価で大量に再資源化できる国内外の革新的技術に関する調査 解体・除去工程と無害化処理・資源化工程を直接リンクさせたオンサイトで大量処理可能な革新的技術の発掘、および、実用化のための課題と対策技術の明確化を行った。 4)解体・除去と資源化前処理時の飛散・浮遊防止技術に関する周辺調査 飛散・浮遊防止のための技術・設備の実用化での課題を明確にし、解体・除去コストの低減対策および技術開発のための方策を明らかにした。 5)アスベスト大量処理に伴う環境負荷低減に関する周辺調査 高温溶融炉による溶融、セメントキルンへの吹込み、マイクロ波処理、過熱蒸気による処理、メカノケミカル処理、オンサイト誘導加熱炉による溶融処理等に加えて、新たな革新的技術の発掘も行い、これらの対策技術に関するニーズを調査した。 さらに、処理に要する所要エネルギーの試算から実用化のための検討を行った。 6) 取組むべき戦略目標(導入・普及効果、波及ポテンシャル、経済効果、コスト予測等)の決定 固体中及び大気中のアスベストを高感度で検知する技術、リスク最小化の技術、環境負荷低減の技術に関し、新たな革新的対策技術の発掘と現在開発中の対策技術につき調査し、最適技術の絞込み・選定を行った。 各分野から選定された重要技術の開発シナリオを作成して戦略目標を明確にした。 7) 新たなアスベスト3種を含めた削減すべきアスベスト6種、アスベストの無害化処理の副産物として生成する可能性が指摘されているアスベスト類似鉱物種(フォルステライト)に関する技術戦略ロードマップ(2030年頃まで)のローリング ・建材中アスベストの高感度検知技術、・浮遊粉塵中の微量アスベストの簡易・迅速な測定技術、・オンサイトでのアスベストの大量処理技術などの開発課題、および飛散防止、開発中の大量処理技術などの開発スケジュールを明確にし、技術戦略ロードマップにつき見直しと精度の向上を図った。
英文要約Purpose and background From September 1, 2006, the regulation range of asbestos component building materials was reinforced to more than 0.1% from 1%, therefore the quantity and kinds of the product which should deal as asbestos component building materials increase markedly. By this investigation , we collect trends of domestic and foreign latest technologies and analyze them. And, we investigate the technology development elements that the risk minimization technology about the prevention of scattering / floating of the asbestos, and the reduction disposal of asbestos are enabled radically. We arrange the measures technology system, and then we will classify and extract the research and development themes that NEDO should wrestle with precedence in future. It is an aim to make the technical strategic road map which can be equivalent to the very small amount of asbestos of more than 0.1%. Contents 1)Investigation about the domestic and foreign measurement technologies to detect asbestos resemblance kinds of minerals (forsterite and others) quickly We searched for analysis techniques and made clear the technology development problems, in order to analyze quickly the asbestos of building materials, the byproducts at the time of the detoxification processing and all six kinds of asbestos. 2)Investigation about the domestic and foreign measurement technologies that can analyze scattering / floating asbestos by the simple method quickly About the minute asbestos which floats and scatters in the atmosphere, we made clear the development direction of the analysis method that we could analyze by the simple way quickly, with low cost. 3)Investigation about the domestic and foreign innovative technologies that we can recycle cheaply in large quantities in the side of the processing device  With regard to large quantity of processing technologies in the on site that were connected directly to the dismantling or removal process and detoxification or resources process, we searched for the innovative techniques that processing was possible, and clarified the problem for practical use and the measures technology. 4)About prevention technologies of scattering / floating at the time of dismantling / removal and resources preprocessing, we investigate the problems that should be settled for practical use. We made clear the problems for practical use of the technologies and facilities for prevention of scattering / floating. And then we clarified the countermeasure to reduce the cost of dismantling and removal and the policy for technology development. 5)Regarding the environmental load reduction with the asbestos large quantities processing, we investigate the problems that are necessary for technical practical use Besides fusion process by the smelting furnace operated at the high temperature, injection process into the cement kiln, detoxification process by the microwave, detoxification process by the overheat steam, mechanochemical processing, molten processing with the on site induction heater, we searched the new innovative technology and investigated needs about these measures technologies. Furthermore, we evaluated the possibility of realization from test calculations of the indispensable energy to need for processing. 6)The decision of the strategy target how we should wrestle with (introduction or spread effect, influence potential, economic effect, cost prediction etc.)
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る