成果報告書詳細
管理番号20090000000345
タイトル*平成20年度中間年報 アスベスト含有建材等安全回収・処理等技術開発/オンサイト・移動式アスベスト無害化・資源化装置の開発(H19-H21)
公開日2009/9/4
報告書年度2008 - 2008
委託先名北陸電力株式会社
プロジェクト番号P07025
部署名環境技術開発部
和文要約以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 1)実用化飛散抑制ユニットの設計 平成19年度に開発した実用化飛散抑制ユニットと150kW誘導加熱装置を一体化させたシステムによる保温材溶融処理の実証試験では、図1のとおり高水分保温材からの水蒸気や炉ダクトへのアルカリ融剤付着に伴う炉内圧力変動など安定運転に支障をきたす不具合を生じた。これらの不具合を解消するため、以下のとおり各ユニットの改良を行った。
英文要約In FY 2007 we developed the total system for fusing and neutralization asbestos-containing thermal insulations with 150kW induction heating equipment. But in the system some malfunctions had caused the fluctuation of pressure in the furnace. We made improvements to the units and we identified the stable operating condition of the system in order to suppress the fluctuation of pressure in the furnace.We tested the fusing process of asbestos-containing sprayed materials and we have confirmed that the sprayed materials as well as thermal insulations were neutralized in this system below 1100℃. We developed a trailer equipped with a thermal insulations fusing system. We demonstrated the system on the trailer and we extracted the problems of safety, operation and maintenance in the system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る