成果報告書詳細
管理番号20090000000346
タイトル平成20年度成果報告書 エネルギー・環境、化学品製造における触媒技術に関するNEDO研究開発成果のアウトカム調査
公開日2009/9/12
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社三菱総合研究所 財団法人エネルギー総合工学研究所
プロジェクト番号Q05015
部署名環境技術開発部
和文要約本調査は平成19年度までに実施されたNEDO技術開発機構の研究開発事業において実施されたプロジェクトのうち、内容に触媒研究開発を含むもののレビューを行うなどにより、これまでのNEDO触媒研究開発プロジェクトの成果や波及効果の体系化を行うとともに、今後実施されるNEDO触媒研究開発プロジェクトにおいて効果的・効率的に成果を得るためのキーポイントなどを整理した「NEDO触媒研究開発モデル」を作成した。また、今後中長期的な視点で触媒が社会ニーズに応えるために必要な触媒研究開発テーマの整理(ロードマップの作成)を行った。 触媒は気候変動対策やグリーンサステイナブルケミストリーの実現の観点で重要な役割を担う重要な開発テーマの一つであり、また、触媒の実用利用に関するノウハウはその利用分野以外の分野での応用も可能である。このような間接的な効果も含めると大きな波及効果が期待され、触媒研究開発の意義は大きいと言える。一方で、NEDO研究開発プロジェクトにおいては、最終製品レベルでの実用化・事業化が最終的な目標となるケースが多く、触媒はその製造・生産工程において重要な役割を担い、また、研究開発の重要な成果の一部である場合でも、これまで、そのことが体系的に整理されなかった。このため、触媒関係技術者や一般消費者等にNEDO触媒研究開発プロジェクトの意義が理解されにくい状況にあったと言える。特に、基礎研究や応用研究を含む触媒関連研究者・技術者にNEDO触媒研究開発プロジェクトの成果が広く理解されないことは、プロジェクトの成果の波及を制限することとなり、解消すべき課題であると言える。 このような問題意識から、過去のNEDO触媒研究開発プロジェクトのレビュー、関連プロジェクト実施者へのアンケート調査、インタビュー調査を実施することにより、プロジェクトの成果を多面的に把握・分析し、触媒に関するプロジェクト成果を体系的に整理した。体系図の整理に当たっては、触媒研究開発のテーマを化学品製造、環境、エネルギー・資源の3分野に区分した。 また、専門家7名からなる調査検討会を組織し、メンバーの専門的知見をベースに今後のNEDO触媒研究開発プロジェクトにおいて効果的・効率的に成果を上げるための、計画立案、目標設定、遂行体制構築、プロジェクトマネジメントなど多面的な視点でのキーポイントを整理した「NEDO触媒研究開発モデル」を作成した。なお、ここで言う「成果」とは、実用化、事業化、上市などに至る狭義の成果である。 さらに、上述した調査検討会での議論を踏まえ、今後20年程度に顕在化する社会ニーズを整理した上で、その社会ニーズに触媒が応えるために、触媒研究開発テーマや研究開発の方向性のあるべき姿を整理した触媒開発ロードマップの作成を行った。
英文要約In this investigation, the catalyst research and development (R&D) projects conducted by the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) until fiscal 2007 have been reviewed. Through systemization of the outcomes and impacts of the past projects, a “NEDO Catalyst R&D Model” that illustrates the key points in successfully delivering positive outcomes, in an effective and efficient fashion, has been established. Furthermore, themes and topics for future catalyst R&D projects that are considered necessary to meet and support the mid-to-long term social needs have been presented as a road map. Catalyst R&D plays a crucial role in achievements of climate control and green sustainable chemistry. The accumulated skills and technological experience through practical applications of catalysts are most commonly applicable to other industrial fields. With consideration to these indirect impacts, catalyst R&D is of great significance. However, the importance of these R&D projects has not been acknowledged by general consumers and catalyst engineers, even in cases when the catalyst development had great impact on the successful realization of manufacturing processes. This could be due to the fact that the significance of the NEDO catalyst R&D projects had not been systematically presented, since the ultimate goals of the NEDO projects are practical application and commercialization of the final end products. The fact that the accomplishments of the NEDO catalyst R&D projects are unrecognized by catalyst-related researchers and engineers constricts the project results to mere experimental data, and minimizes the potential impacts it could have on society. In order to solve this problem, the systemization of the outcomes of the catalyst projects was conducted by analyzing the multidimensional aspects of the outcomes through reviewing the past projects, and conducting surveys and interviews with the researchers of related projects. The research outcomes were organized into three groups: chemical manufacturing, environment, energy and resources. Based on the expertise of an investigation team consisting of seven catalyst specialists, a “NEDO Catalyst R&D Model” demonstrating how to deliver positive outcomes effectively and efficiently was established. The “NEDO Catalyst R&D Model” also illustrates strategic key points in the planning, goal-setting, organizing, and project managing processes in conducting a catalyst R&D project. It should be noted that the “outcome” of a NEDO catalyst R&D project is restricted to results that would lead to practical application, commercialization, and market sales. Furthermore, social demands that would surface within the next twenty years have been discussed within the investigation team. Themes and topics for future catalyst R&D projects that would meet and support the social needs in the mid-to-long term future have been listed and presented as a road map.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る