成果報告書詳細
管理番号20090000000356
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 有害化学物質リスク削減基盤技術研究開発 革新的塗装装置の開発 二酸化炭素適合塗料開発と最適塗装条件の決定
公開日2009/9/3
報告書年度2007 - 2008
委託先名加美電子工業株式会社
プロジェクト番号P04012
部署名環境技術開発部
和文要約19年度は、タンク混合方式及び小型実験装置(産総研設置)を用い、CO2圧力、混合条件、塗料温度、背圧、ガン先温度、ガンから被塗装体までの距離など適正塗装条件のデータ採取行い、加美電子設置の実証装置の設計に資する成果を得た。二酸化炭素適合塗料開発では、クリア塗料3種の開発を行い当初の目標を達成した。塗装仕上げ品質評価技術の確立としては、塗膜品質評価の方法として、目視評価と定量データである表面粗さとの相関を確認した。「実用化に資する導入シナリオとビジネスモデルの策定」においては、本プロジェクトで開発する塗装装置に関する適用先事業所、市場規模を調査した。 20年度は、塗料会社3社と研究開発契約を締結し、産総研で得られた塗料の基本物性データ(塗料設計指針)を元に、6種類の複数色の有色塗料を開発することに成功した。また、加美電子に設置された実証装置により最適塗装条件を見出し、携帯電話ボタンのハードコートについて、実用レベルの塗装条件を確立し、研究目標を達成した。塗装仕上げ品質評価技術の確立では、塗膜形成過程の解析ならびにレーザー顕微鏡の応用による塗装不良の解析手法の確立をし、得られた結果を塗料開発及び塗装条件の最適化にフィードバックし、塗料開発に貢献した。「実用化に資する導入シナリオとビジネスモデルの策定」においては、本プロジェクト後の事業化を視野に入れた潜在ユーザーへの市場調査を行うと共に、研究開発の評価を問うために「VOC対策セミナー」の開催し、ターゲットとする市場及び規模の把握と、事業化・体制の概略を策定した。 以上のことより、二酸化炭素を用いた樹脂部品塗装の基盤技術は確立したと考えられ、当初目標は完全に達成した。
英文要約In fiscal 2007, using laboratory-level carbon dioxide spray painting system located in AIST (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology), spray painting conditions such as pressure, mixing temperature, backpressure, gun temperature, and distance between spray gun and painting object were optimized to determine the specifications of practical system that will be developed in next fiscal year. The three clear paints were developed. The relationship between roughness of the surface and sense of the view was clarified and quality of the painting was digitized. Market research was carried out to clarify latent customers and market scale. In fiscal 2008, under the cooperation of three paint companies many kinds of color paints were developed successfully. The color pants were developed using design guide built up by AIST and analyzing system of formation of paint skin and defective place by laser microscope built by ITIM (Industrial Technology Institute, Miyagi Prefectural Government). Using the developed practical spray painting system installed in paint booth at Kami Electronic Industry Co., we painted 18-mobile-phone buttons on the painting stand and confirmed 100 % yield. Painted buttons were handed to the customer as a sample and were examined by the customer. We got the report that they had passed all quality checks from the customer. This means that our painting system achieves commercial level. VOC seminar and interview for latent customers were carried out as a market research. By these reasons, we think that fundamental technologies of carbon dioxide spray painting system for plastic parts were established. The first objectives were fully achieved.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る