成果報告書詳細
管理番号20090000000375
タイトル平成18年度成果報告書 低品位化石資源導入による原材料生産プロセス、エネルギー利用におけるリスク可能性発現に関する予測調査
公開日2009/9/9
報告書年度2006 - 2006
委託先名財団法人エネルギー総合工学研究所
プロジェクト番号Q05013
部署名環境技術開発部
和文要約本調査事業では、以下の1)-6)の事項を調査することで、研究開発テーマの優先順位付け、及びこれまでにない革新的な研究開発テーマの提言を行う。このため、次のような調査・検討を実施する。また、下記の調査を効率的に行うため委託先内に専門家からなる委員会を設置し、調査報告書の形で纏めた。 1) 現状の化石資源におけるリスク発生量とその対策技術  国内における化石資源からの原材料生産プロセスやエネルギー生産に関する現状調査を行い、発生する環境リスク(排ガス、併産重金属量)を推算した。さらに、それらの対策技術の現状を調査し、現状におけるリスク削減量を推定した。  2) 国内導入可能な新たな低品位化石燃料の選定及びリスク発生可能量の推定  1.の調査結果に基づき、国内で新たに原材料生産プロセスやエネルギー生産に利用できる可能性がある低品位化石資源(超重質油、オリノコタール、ペトロコークス、タールピッチ、ビチューメン等)における導入可能性調査及びリスク発生可能性(排ガス種及び発生量、併産重金属種及び発生量等)を推算し、現状の対策技術よる技術的制約、リスク削減量の限界等を明かにした。 3) 国内導入可能な新たな低品位化石資源を利用した革新的な技術  資源制約及び環境制約への対応のために、国内へ導入可能な新たな低品位化石燃料の精製クリーン化技術、中間生成物の直接合成法等におけるリスクを最小にするための触媒技術、プロセス生産技術、エネルギー生産技術等の革新的な技術について国内外の最新動向の調査、及び具体的な研究開発テーマの抽出を行った。 4) 戦略ロードマップ、技術戦略マップの作成  2.3の調査結果に基づき技術戦略マップ(2030年頃まで)と戦略ロードマップを作成した。技術戦略マップ作成にあたっては、特にユーザーサイドの視点に立って、化学原料に使用できる化石資源の種類と割合を推定するとともに削減対象物質毎に技術開発課題を整理した。戦略ロードマップではNEDOのやるべき対策とNEDOが開発すべきリスク削減技術について、導入スケジュールとプロセス上のリスク削減技術開発スケジュールと環境リスク削減対策を整理した。 5) 戦略目標の試算とリスク最小化のシナリオ策定  資源リスク対応シナリオと戦略ロードマップ、技術戦略マップに基づき、新たに化学原料として導入する化石資源を使用した場合の環境リスク最小化シナリオを策定した。 6) 開発課題の抽出  環境リスク最小化シナリオを推進するために、NEDOが優先的に取組むべきプロセスを選定し、導入するための開発課題を抽出する。さらに、選定したプロセスが成立するための条件を整理した。 7) 調査委員会の開催  調査委員会を3回開催し、委員からのコメントを調査に反映した。 8) 報告書の作成 調査結果を報告書に取り纏めた。
英文要約In this investigation, by investigating the following matters, several research-and-development themes are chosen and an innovative research-and-development subject matter is proposed. For this reason, following investigation and examination were carried out. And, in order practice the following investigation efficiently, the committee by specialists was established, and this report was compiled. 1) The amount of risk appearance of being fossil resources, and its protection: Investigation about the raw-material process and energy production from the fossil resources in Japan was conducted, and the environmental risk (exhaust gas, the amount from of heavy metal) was estimated. Furthermore, those protection technologies were investigated and the amount of risk reduction was estimated. 2) Selection of the low grade fossil fuel which can be introduced, and estimation of the amount of risk appearance: It is based on the results of an investigation of (1). The low grade fossil resource (ultra-heavy oil, Orinoco tar, petroleum coke, tar pitch, bitumen, etc.)  inducing possibility which can be used for a raw-material process or energy production is investigated. The type and the amount of generated of exhaust gas, and the type and the amount of generated of heavy metal were estimated. And the limit of skill constraint and risk reduction was clarified. 3) Innovative technology by the low grade fossil resources which can be induced: For restrictions of resources and environment, investigation of the refining technology of a low grade fossil fuel, investigation of the catalyst technology in the direct synthetic process of an intermediate material and process technology, and investigation about energy production technology were conducted, and the development subject matter was extracted. 4) Preparation of a strategy road map and a technology strategy map: Based on investigation of (1) - (3), the technology strategies map (up to around 2030) and the strategy road maps were prepared. As for technology strategy map preparation, the type and quantity of fossil resources which can be used for an intermediate material were estimated, and the development theme for every risk was compiled. In the strategy road map, the induction schedule was compiled and the development schedule of the technology which reduces environmental risks was compiled. 5) Decision of a strategic target and a risk minimization scenario: It decided upon the environmental risk minimization scenario of the fossil resources for intermediate materials based on the scenario corresponding to materials shortages, the strategy road map, and the technology strategy map.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る