成果報告書詳細
管理番号20090000000380
タイトル平成20年度成果報告書 産業技術研究助成事業における大学等の研究者の産業界との連携強化に向けた広報支援調査事業
公開日2009/9/3
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社テクノアソシエーツ
プロジェクト番号
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約産業応用を意図した研究開発を助成する産業技術研究助成事業において、助成研究者の研究成果を産業応用や実用化に効果的に結びつける広報支援方法を確立するための調査を行った。助成対象の研究者は若手であり、日々の研究に追われることが多い。研究成果をより早く、より効果的に社会に還元するには、次世代の産業を担う重要な研究を行っている研究者の成果に係る情報発信を積極的に支援し、研究の段階に応じてステップアップしていく仕組みの整備が急務であると考えた。先ず、産業技術研究助成事業の助成研究者のこれまでの広報に関するスキルや実績、産学連携に関する課題、NEDO技術開発機構が企画する支援項目・支援内容に対する要望をアンケート調査した。アンケート調査結果を踏まえ、大きく「提案書による産業界との連携支援」、「メディア等への情報発信・市場反応獲得支援」の支援メニューを用意し、NEDO技術開発機構と協議・選考した対象助成事業者に対し順次実施した。提案書による産業界との連携支援」では、各産業界における有力企業から実用化に向けたアドバイスを取付け、好反応のあった企業関係者とは意見交換や連携に向けた協議のための面談を設営し、今後の研究企画・方針等を検討するための機会を提供した。「メディア等への情報発信・市場反応獲得支援」では、現在注力している業界・分野、あるいは新しい応用先と思われる業界・分野に向け情報発信を行った。その際、研究成果のテーマ、産業応用の狙いに応じて大規模告知メディア複数を活用し、掲載物に付与したダウンロード属性等から関連する市場関係者からの反応を効果的に多数取り付けた。このほか、特に優れた研究成果については、助成研究者の研究テーマの社会的意義に関してさらに広く社会の理解を得るため、助成研究者の表彰制度応募を支援し、かつ新聞やテレビ等のマスメディアに掲載・放映されるよう働きかけた。産技助成研究者の多くは、広報に関する知見・経験が乏しいことや、自身の人脈に偏りや狭さがあることに課題を感じるとともに、これら課題を解決できる環境に置かれていない、と認識している。今回の広報支援に参加した多くの産技助成研究者が、大きな負荷を掛けることなく2-3ヶ月という短い期間で産業界からの有用なアドバイスやフィードバックを獲得し、広報活動の重要性を強く(再)認識するとともに、産技助成研究者にとって本広報支援が極めて有効なプログラムであることを認めた。今回企業から寄せられたフィードバックやコメント、各研究テーマに対する関心度、企業との面談で得られた情報は、現在の産業界のニーズを強く反映しており、助成事業者の今後の研究成果の産業応用、技術貢献に大きく期待される。本広報支援は、産学連携や実用化開発を促進する支援モデルとして、産技助成事業者のみならず、実用化促進に関わる他の助成事業者に対しても効果的な支援であると考えられる。
英文要約In Grant for Industrial Technology Research (financial support to young researchers) supporting R&D intended to industrial applications, the survey for establishing public relations (PR) support effectively connecting and accelerating research outputs of the young researchers to industrial applications was, conducted. Such researchers are young and frequently occupied by their daily research work. In order to more effectively contributing their research outputs to real society, it is urgent business sending out information in public relating to the outputs of the researchers focusing on essential studies for next generation industry, and constructing the mechanisms that they step up at the stages of their studies. First of all, the pre-survey on PR skills, industry-university cooperation, comments towards NEDO projects, was conducted. Based on this, two support items were provided. One was “Cooperating to industry by technical note”. The other was “Sending out information in public and acquiring the market reactions ”. And then the two support activities were conducted one after another for the ones selected through discussion with NEDO. In the first support, firstly advise for industrial utilization from leading companies at each industry was gained, secondary consultation for opinion exchange and meetings for cooperation with the leading companies that expressed their special interest was set up, thirdly opportunities for investigating research plans and principals from now on were provided. In the second support, the activity sending out information in public towards the industry being focused right now or an application that might be so, was conducted. On the process of this, optimizing large-scale mass media, a great number of such reactions by the concerned markets were effectively acquired through the attributes of “downloads” placed on each publicized on the website. Other than this, for the research outputs that were especially excelled, in order to letting society understand further the social meanings of the research themes, it was supported for applying to technical commendation systems, and also facilitated for media corporations of newspapers and TV to be reported. Many young researchers acknowledge that they are short of knowledge in PR and have unbalanced or short personal relationships, and that they are not in the right position for solving all of the above. Many of those who joined the PR support this time, admitted that it was extremely effective to young researchers. The advice gained in such short time with no big workload throughout feedbacks and comments, interest levels, and meetings with leading companies, reflect the strong needs of present industries, therefore it will highly be expected for technical contribution. Thus, it is thought to be a role model for promoting industry-university cooperation and industrial utilization, not only for the young researchers, but also those in relation to other grants.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る