成果報告書詳細
管理番号20090000000381
タイトル平成20年度成果報告書 産業技術研究助成事業における研究成果の異分野適用可能性等に関する調査 社会的インパクト指標検討活動実施結果
公開日2009/9/3
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社テクノアソシエーツ
プロジェクト番号
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約産業技術研究助成事業の助成研究者の研究成果等について、これら研究成果がどのような社会的インパクトを与えたかシミュレーションできるモデル及び指標に関する検討を行った。事前準備として、まず、国内研究機関・助成機関及び海外研究機関・助成機関における「研究成果評価」の実施状況とその評価項目について、ウェブサイト等における公開資料を中心とした簡易調査を実施した。ついで、産業界企業から見た「産業技術助成事業の研究成果の評価項目」について、大手企業の産学連携窓口となる様な技術企画・研究評価部門・知財部門からの聴取を実施した。また、助成研究者からも「研究成果の評価項目」について、聴取を実施した。事前調査の結果を踏まえ、複数の研究機関に対し、研究事業や研究助成事業に対する評価の仕組みや指標項目に関する詳細確認のための訪問調査を実施した。これら調査の結果を踏まえ、社会的インパクト指標モデルの仮説試案の検討を実施した。知的財産創造サイクルやイノベーション創出サイクルごとに社会的インパクト評価指標を考慮する必要があることから、技術の実用化プロセスごとに社会的インパクト評価指標の枠組みを検討した。ついで、社会的インパクト指標の候補を抽出した。社会的インパクト指標モデルの仮説試案を基に、産業技術研究助成事業の社会的インパクト指標を検討した。検討に当たっては、平成17年度、平成18年度の助成研究者の一部である60名を対象にアンケート調査を実施し、その結果も活用した。育成した技術を産業技術に結びつけることを最終目的の一つとする産業技術研究助成事業の社会的インパクト指標の候補として、企業との契約件数に着目し、これを継続的に把握することには意義があると考えられる。企業との契約件数には、例えば、秘密保持契約件数、技術評価契約件数、研究委託契約件数、共同研究契約件数、ライセンス契約件数がある。しかしながら、企業との契約件数のみに着目すると、企業との契約に結びつく可能性のある問い合わせ対応、論文発表、特許申請・登録などの活動が評価できないことになる。こうした助成研究者の活動を評価するために、助成研究者の研究成果にも着目し、継続的に把握することにも意義があると考えられる。また、企業との実際の契約締結に向けては、広報活動も重要となるため、インパクト指標とは別に、外部メディアへの掲載、講演会での講演等研究成果の広報活動の成果についても着目し、これらも継続的に把握することも検討の余地がある。
英文要約Simulation models that can simulate the social impacts of the research outputs of Grant for Industrial Technology Research (financial support to young researchers) were studied. As a preliminary, quick survey about research output evaluation systems of Japanese and overseas research and/or grant institutions was conducted on publicly available information. And Hearings from industries about evaluations of the research outputs of Grant for Industrial Technology Research were conducted. Hearings from researchers supported by Grant for Industrial Technology Research about evaluations of research outputs were also conducted.Based on the preliminary survey, Interviews with several research institutions about evaluation systems of their research projects were conducted.Based on these surveys, tentative social impact indicator model was studied. In accordance with the creation cycle of intellectual properties and innovations, social impact indicator model framework was studied. And applicable social impact indicators were selected.Based on the tentative social impact indicator model, social impact indicators of Grant for Industrial Technology Research were studied. In this study, the result of the questionnaire directed at researchers was also used.One of the aims of Grant for Industrial Technology Research (financial support to young researchers) is to discover and develop industrial technology seeds that meet the needs of industry and society. In consideration of this, figuring out the number of agreements such as Non Disclosure Agreement”, “Technology Assessment Agreement”, “Contract Research & Development Agreement”, “Joint Research & Development Agreement”, “License Agreement” with companies as applicable social impact indicators of Grant for Industrial Technology Research has meaning, however, focusing solely on agreements with companies, activities leading to agreements with companies such as inquiries, papers, patent applications will be underestimated. In order to evaluate these activities, figuring out direct research outputs has meaning, too. Toward the conclusions of agreements with companies, PR activities are also significant. Figuring out of the outputs of PR activities also needs more consideration.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る