成果報告書詳細
管理番号20090000000388
タイトル平成18年度成果報告書 有害化学物質リスク削減技術に関わる実用化に向けたビジネスモデル調査
公開日2009/9/4
報告書年度2006 - 2006
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号Q05013
部署名環境技術開発部
和文要約我が国では2010年頃に大気中に放散される揮発性有機化合物(VOC)を2000年度比で約30%削減することを目指している。このような状況から、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDOと表記)では優先的に削減すべきPRTR対象30物質を選定し、年間10万トン程度の削減目標を掲げて、エンドオブパイプ対策技術、インプラント対策技術として「有害化学物質リスク削減基盤技術研究開発」事業を平成16年度から実施している。一方、近年アスベストに関するヒトへの深刻な健康被害が大々的に報告されるようになったことから、効率的なアスベスト削減が実現できる対策技術(計測、代替製品、回収・無害化)として「緊急アスベスト削減実用化基盤技術開発」を平成17年度より実施している。当該事業では、対策の緊急性が求められることから、プロジェクト終了後2、3年後に上市、市場導入を目指しており、技術開発のスピードと優れた成果が引き出せるようなプロジェクトマネジメントが必要である。上記のような背景から、昨年度実施した調査研究では、平成16年度「有害化学物質リスク削減基盤技術研究開発」の採択事業に関する自主点検を実施するため、当該テーマに関する1)削減効果、2)事業化、3)コスト、4)波及効果等を研究開発実施者とは異なる第三者的視点から俯瞰的かつ詳細に検討するとともに、環境対策技術の事業化成功事例、産業界等へのヒアリングを行うことで新たなニーズを発掘するなど、研究開発終了後のマーケットへの導入がスムーズに行えるシナリオを作成し、マネジメントの効率化を図ってきた。さらに、これらの調査結果をもとに、「環境技術開発を成功させるために(プロジェクトの立案からビジネスまで)」の小冊子を作成し、当該のNEDO事業を広く社会に認知させるための資料として活用してきた。本年度調査では、昨年度調査に引き続き、実施中プロジェクトの開発成果に係る事業化シナリオを強く意識した技術開発マネジメントを実施するために、平成17、18年度の「有害化学物質リスク削減基盤技術研究開発」採択事業6件について、事業化を支援・加速するための周辺動向調査を実施し、各テーマのビジネスモデルを策定した。さらに、プロジェクトマネジメントの強化に資することを目的とし、上記成果ならびに環境技術に係る既存事業化事例等から抽出した技術シーズ事業化の重要要素を基に、環境技術の事業化に至る道筋を示した小冊子「環境技術開発を成功させるために(実践編)-研究開発のその先へ-」を作成した。また、「緊急アスベスト削減実用化基盤技術開発」採択事業に関しては、既存の文献情報等ならびに学識経験者やNEDOプロジェクト実施者に対するヒアリングにより得られた知見を元に、アスベスト対策技術に関する政策動向、法規制や技術開発事例等を集約することにより、アスベスト対策技術開発の促進等を目的とした「アスベスト版事業モデル手引書-研究開発から実用化まで-」を作成し、さらにアスベストのリスク削減対策技術に係る最新動向、ビジネスの可能性等を追究する目的でシンポジウムを開催した。
英文要約Japan aims to reduce emission of volatile organic compounds (VOC) into the air by about 30 % compared to the fiscal year 2000 by around the year 2010. In response to this target, The New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) selected 30 PRTR substances to be reduced by priority and set up a reduction target of 100,000 tons a year. NEDO has been implementing a project "Research and development on fundamental risk-reduction technology on volatile organic compounds" for end-of-pipe countermeasure technologies and implant countermeasure technologies since fiscal 2004. At the same time, due to the widely reported asbestos' health damage to human bodies, NEDO has been implementing "Urgent development of fundamental technology on practical application of asbestos reduction" as measures to reduce asbestos effectively. (Measurement, Alternative products, Collection/Detoxifying) since fiscal 2005. As this project aims to introduce the technology to the market in a few years after the completion of the project for the urgent need, project management which encourages speedy technology development and eminent results is necessary. In order to play a role in the solution to the above situation, we conducted a survey on surrounding movement to encourage and accelerate commercialization on 6 selected projects from "Research and development on fundamental risk-reduction technology on volatile organic compounds" of the fiscal 2005 and 2006. We also developed business models for each project. We published booklets "For the successful environmental technology development(practice version) After the research and development" which describes scenarios to commercialize environmental technology based on important points for commercialization of technological seeds selected form existing commercialization examples and results above. Regarding "Urgent development of fundamental technology on practical application of asbestos reduction", we published "Handbook for asbestos business models - From research & development to commercialization -". This handbook aims to encourage development on asbestos countermeasure technologies by combining movement of policies, regulations and technology development examples on asbestos countermeasure technologies based on information obtained through interviews with academic experts, practitioners of NEDO projects as well as documentary information. We also held a symposium with the purposes to research latest movement on countermeasure technology for asbestos risk-reduction and possibilities for businesses.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る