成果報告書詳細
管理番号20090000000390
タイトル*平成19年度中間年報 アスベスト含有建材等安全回収・処理等技術開発/オンサイト・移動式アスベスト無害化・資源化装置の開発(H19-H20)
公開日2009/9/9
報告書年度2007 - 2007
委託先名北陸電力株式会社
プロジェクト番号P07025
部署名環境技術開発部
和文要約アスベスト含有保温材の無害化・資源化装置の実用化を目指して、溶融処理の効率向上と粉塵等防止を図る飛散抑制ユニットを開発した。開発したユニットを、150kW誘導加熱装置と一体化させ、オンサイト式・移動式アスベスト無害化・資源化装置を開発した。また、開発した装置の実証試験を行い、トレーラーに搭載する際の課題を抽出した。
英文要約In FY 2006, aiming at the practical use of neutralization and recycling of resources device of the asbestos component heat insulator, we developed a scattering restraint unit to plan prevention such as efficiency improvement and mine dust of the molten processing. We unified the unit that we developed with 150kW induction heating device and developed a mobile system for onsite asbestos thermal insulations fusion , neutralization and recycling. In addition, we tested the developed system and extracted a problem when we put it on a trailer.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る