成果報告書詳細
管理番号20090000000556
タイトル平成20年度成果報告書 国際石炭利用対策事業 国際協力推進事業 石炭添加剤利用技術普及可能性実証調査
公開日2009/9/29
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社タイホーコーザイ
プロジェクト番号P93054
部署名環境技術開発部
和文要約本調査は、ナノ石炭添加剤利用技術の適合性・優位性について、その環境改善・省エネ効果を定量的に実証することにより、対象国(中国)における今後のモデル事業の案件としての実施可能性を検討することを目的としている。 本調査は、主として国内での関連情報収集調査と、中国現地での実証調査からなる。  国内での関連情報収集調査では、主としてNEDOの過去の石炭関連調査報告書やネット検索等を通じて、現地のクリンカ発生状況を把握するとともに、競合するクリンカ対策技術について調査した。この結果、中国の火力発電所においても、クリンカの発生があり、近年の石炭価格の高騰により、設計炭よりも品質の悪い石炭を使用せざるを得ないケースが増えてきており、クリンカ問題が顕在化してきていることが明らかになった。石炭ボイラの操業現場では、各種のクリンカ対策が講じられているものの、根本的な解決策とはなっておらず、環境改善・省エネ効果が期待できるナノ石炭添加剤の需要が見込めることが判明した。 中国での実証調査は、平成19年度調査対象となった5ヶ所の石炭火力発電所(河北省興泰石炭火力発電所、河北省上安石炭火力発電所、河北省三河石炭火力発電所、山西省武郷石炭火力発電所、山西省楡社石炭火力発電所)の中から、クリンカの対策に積極的に取り組んでおり、実証試験に協力的であった山西省楡社石炭火力発電所(華能楡社発電有限責任公司)を実証試験の現場サイトとして選定した。実証試験に先立ち、同発電所から石炭サンプル及びクリンカを取り寄せ、事前評価試験を国内で実施し、ナノ石炭添加剤の最大効果を探る指標とした。また、実証試験に先立ち、中国側と事前調整し、実証試験の円滑なる実施にも努めた。実証試験では、ナノ石炭添加剤を石炭ボイラに連続投入(石炭給炭機出口で投入)し、環境改善・省エネ効果を確認するため、排気ガス温度、石炭消費量等を定量的に測定した。実証試験は、平成21年2月7日から3月5日まで27日間実施した。  これらの調査で得られた情報および測定値から、ナノ石炭添加剤のモデル事業の可能性について評価を行った。  今回の調査では、実際の石炭ボイラ(300MW)における実証試験にて、その環境改善・省エネ効果を定量的に把握することができ、その効果が約4%と見込まれ、その場合、年間石炭消費量は約5万トン削減でき、二酸化炭素(CO2)の発生量は約10万トン削減できると見込まれる。又、併せてNOx排出量も約21%の減少率を確認できた。  以上のことから、モデル事業として実施する場合でも、設備投資が小額で済むことから、プロジェクト自体がコンパクトになり、相手国関係機関からも受け入れられやすく、その可能性は高いと思われる。 さらに本利用技術は、ボイラ燃焼管理技術にも直結し、今後さらに深刻化する設計炭と使用炭のギャップを埋めつつ、環境改善・省エネに貢献できる、ソフト面でのキーテクノロジーとも言え、波及効果は大きいと思われる。
英文要約The purpose of this investigation is examining the operability as the item of the future model business in the object country (China) by demonstrating the environmental improvement /energy saving effect quantitatively about adaptability / superiority of the nano-coal additive. This investigation mainly becomes the collection survey of the related information in Japan and the actual survey in China. By the collection survey of the related information in Japan, we get the information of the local clinker formed situation and the competitor’s clinker measures technology by mainly past NEDO investigation report of related coal and the web-site etc. As a result, in the thermal power station in China, there was clinker formed and it become clear that a clinker trouble surfaced by cannot use the design coal but only use the low grade coal of worth because the remarkable rise of the recent coal price increase. It was confirmed the demand of the nano-coal additive which environmental improvement / energy saving effect because there has many countermeasure to clinker trouble in operation a basic clinker problem We selected the field site at Shanxi Yushe coal fired power station (Huaneng Yushe Power Inc.) in five coal fired power stations were target of 2007th investigation because that power station coped with the clinker trouble possibility and they were cooperative with actual field test. Before the actual test, we did prior evaluation test in Japan to use for indicator for maximum effective point received the sample of coal and clinker from that power station. And we arranged with China side in advance of the actual test to take it smoothly. In actual test, we put into the nano-coal additive to the coal fired boiler constantly (at the out put side of the coal banker). That term of the actual test was from Feb.07, 2009 to Mar. 05, 2009.  We evaluated that possibility for the model business of the nano-coal additive from received information and measurement result of these investigation..  From this time’s investigation by actual coal fired boiler (300MW), it calculated that the coal consumption per year reduced about five tons (about 4% reduction) was equivalent to about ten ton reduction of CO2. And also the NOx deduced about 21%. From the above mentioned, in case of practice by the model business, there is high possibility because that project will be compact itself and accept from the other party easily.  And also, this utilizes technology is connected directly with the boiler combustion control technology which can contribute the environmental improvement /energy saving by fill the gap of the designed and the actual used coal it will be worse in future, which can call the key technology on the software has a ripple effect.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る