成果報告書詳細
管理番号20090000000557
タイトル平成20年度成果報告書 国際石炭利用対策事業 国際協力推進事業 中国における石炭火力発電所の設備診断の標準マニュアル作成に関する調査
公開日2009/9/29
報告書年度2008 - 2008
委託先名財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P93054
部署名環境技術開発部
和文要約中国の既設石炭火力発電所を改善し省エネルギー化を図るため、わが国の優れた設備診断・改善技術、設備運用保全技術を提供することは、地球温暖化対策としてわが国の石炭利用技術を海外に定着及び普及させる点で極めて重要である。改善(発電所リハビリテーション)のため診断事業をスムースにかつ効果的に実施するため、JCOAL はNEDO 委託業務として中国側と共同で診断を実施する場合の標準的、効果的マニュアルの調査を実施し、以下の結論を得た。
1.中国の数多くの発電設備を日中で効率よく診断する方法として、
a)リハビリテーションを行うのに効果的な発電所を選定するための事前調査
b)主に発電所の現状と課題を摘出するための1次診断
c)1次診断を吟味した上で主に対策案を策定する2次診断
が良い。中国側の自主性を発揮するため1次診断は中国側主体で、日本の先端技術の適用性を見極めるため2次診断は日中共同で推進することとした。
診断マニュアルの作成には、国内外の文献、資料を参考にした上で、日本側と中国側専門家との討議を重ねた。
2.海外の経年発電所の実態と課題、発電所の診断やリハビリテーション事例、及び発電所の検査技術等に関する調査の結果、診断には以下の4つの項目が重要であった。日中両国の合意性の高い診断を実施するため、これらに関する標準化した方法を規定し、それぞれのマニュアルを作成した。
1)発電所全体の設備仕様、運転性能、過去の障害・改善事例を把握する⇒「性能予備調査表」
2)効率低下・機能低下をもたらしている機器、設備を特定する⇒「効率改善チェックリスト」
3)燃料使用量、熱損失、発電効率等を算出する⇒「設備仕様・性能チェックリスト」
4)診断結果のまとめ方を規定する⇒「報告書記載事項」
3.設備診断標準マニュアルを作成するため、診断、検査等に関する国内外の文献、資料を調査した。
また主に電気事業連合会、日本電機工業会、及び中国西安熱工研究院、中国電力企業連合会との討論を重ねた。この結果、以下の特徴を有するマニュアルが完成できた。
・「予備調査」では計146項目のデータを入力する。中国でリハビリテーションの対象となる発電所の基本データがリストアップされる。今後、中国のリハビリテーション事業に参入する企業にとっては有用な調査資料にもなる。
・「効率改善チェックリスト」では計252項目をチェックする。設備毎に詳細な点検・診断箇所とその方法を記述したので、単に問題の機器類を摘出するだけでなく、“効率改善と機能向上の要点がわかるテキスト”の役割を担う。
・「設備仕様・性能チェックリスト」では計411項目を入力する。記載のデータからユニットの効率や熱損失内訳の概略が、発電所の現場で診断中に分析できる。
4.各国の石炭火力発電所の発電効率とCO2 排出量を調査した。またリハビリテーションで改善できる発電効率を調査した結果、向上率は相対値で6.7%-13.3%であった。これらの結果から、2006年時点での中国とインドのリハビリテーションによるCO2削減量は総計は2.1-4.0億tonと推算された。
英文要約To increase the thermal efficiency of the existing coal-fired thermal power stations in China, it is important to provide Japan’s advanced plant inspection and improvement technologies as well as plant operation and maintenance techniques to the country. This also has a great significance for Japan in its effort to promote the international transferand dissemination of Japanese coal utilization technologies to help prevent global warming. To smoothly and effectively implement the inspection project for improving the power stations (power plant rehabilitation) in China, the Japan Coal Energy Center(JCOAL) carried out a series of surveys under a project commissioned by the New Energy and Industrial Development Organization (NEDO), to identify effective inspection manuals for the joint inspection program between China and Japan. The surveys yielded the following conclusions:
1. Effective China-Japan joint analysis of many power plants in China will beachieved as follows:
a) Preliminary survey for selecting power stations that are likely to be effectively rehabilitated
b) Primary inspection for mainly identifying the current status and issues of power stations
c) Secondary inspection for mainly establishing countermeasures based on a review of the primary analysis It has been concluded that the primary inspection should be done by China so that it can take the main initiative and the secondary inspection should be done jointly by China and Japan to determine whether Japan’s advanced technologies can be adopted.
Experts both from Japan and China repeatedly discussed the preparation of inspection manuals after consulting domestic and international literature and materials.
2. Based on surveys on the status and issues of aging power stations abroad, examples of power plant inspection and rehabilitation and power plant inspection techniques, the following four key actions were decided for a successful inspection program To achieve an acceptable inspection by both China and Japan, JCOAL specified a standardized inspection process and developed a dedicated manual for each of the actions:
[1] Identifying the facility specifications, operating performance and historical failures and improvements of entire power stations -> "Preliminary Performance Survey Sheet"
[2] Identifying the facilities and apparatus that may reduce efficiency and
availability > "Efficiency Improvement Checklist"
[3] Calculating the fuel consumption, heat loss, power generation efficiency> "Facility Specification and Performance Checklist"
[4] Specifying how to prepare a analysis report -> "Items to be Included in
Analysis Reports"
3. For developing standardized plan inspection manuals JCOAL examined domestic and international literature and materials concerning analysis, inspection and other
related subjects. JCOAL also held repeated discussions with the Federation of Electric Power Companies of Japan, the Japan Electrical Manufacturers'
Association, Xian Thermal Power Research Institute of China, and the China
Electricity Council. As a result, inspection manuals with the following
characteristics were completed:
・ "Preliminary Survey" contains 146 items to be filled in. The survey will
provide basic data of power stations in China that are eligible for rehabilitation. The data may be useful for companies wishing to join the rehabilitation project in China.
・ "Efficiency Improvement Checklist" contains 252 items to be checked. The
Checklist states what and how to inspect and analyze in detail for each facility. This document will not only be used for simply picking up faulty equipment, but will also serve as a textbook giving the key points for successfully improving efficiency and functionality.
・ "Facility Specification and Performance Checklist" contains 411 items to be filled in. The data can be effectively used to analyze the efficiency and heat loss of the units during on-site analysis in a power station.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る