成果報告書詳細
管理番号20090000000565
タイトル平成17年度成果報告書 化学物質総合評価管理技術開発における戦略的ロードマップの俯瞰調査
公開日2006/3/1
報告書年度2005 - 2005
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号
部署名環境技術開発部
和文要約経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構では、平成13年度より「化学物質総合評価管理プログラム」を実施している。同プログラムは、経済産業省が同年度より実施している「研究開発プログラム」の一つであるが、これらプログラムに対して「技術戦略マップ」(戦略的ロードマップ)が策定された(平成17年3月)。同マップの目的は、経済産業省の研究開発投資を国民に説明し、研究開発プロジェクトの企画立案のための政策インフラを整備し、わが国の異分野・異業種の連携、技術の融合、関連施策の一体的実施を促進すること等である。
 平成17年度に技術戦略マップのローリングが行われることとなり、化学物質総合評価管理でのローリングのため、本調査が実施された。
 化学物質総合評価管理の技術戦略マップは、リスク評価・リスク管理とリスク削減技術の二分野に分けられる。
 リスク評価・リスク管理については、ローリング方針は次のとおりである。すなわち、昨年度の技術戦略マップに対し、重要技術と技術開発時期を明確化するとともに、リスク管理を行う主体のうち行政と企業に的を絞ってニーズをさらに収集し、それを満たす技術を抽出した。
 ローリングの結果、作成された今年度の技術戦略マップの特徴は、次のとおりである。一つの特徴は、過去・現在・将来の化学物質管理をそれぞれ、第1世代(物質ごとのハザードに基づく管理)、第2世代(物質ごとのリスクに基づく管理)、第3世代(リスクトレードオフに基づく最適管理)と特徴付けたことである。第3世代では、特定の物質のリスク削減やリスクゼロを追及するのではなく、代替物質も含めた複数のリスクを勘案する。リスクとベネフィットとのバランスを考慮し、リスクコミュニケーションを通じてリスクと向き合う社会を構築する。
 技術戦略マップのもう一つの特徴は、このような第2世代から第3世代への化学物質管理の発展に向け必要な技術の方向性について、リスク評価・リスク管理の目的重視性に留意して明確化したことである。具体的には、「リスク評価やリスク管理の手法は、リスクの課題解決を目的として、暴露評価手法や有害性評価手法を最適に組合せていく手法」であることから、特にロードマップでは、単なる個別の手法列挙にとどまらず、これら手法がその目的を実現し、最終的には化学物質総合評価管理の目標像に至るという関係を明示し、本ロードマップが何を目指すかを明確化した。
 リスク削減については、ローリング方針は次のとおりである。まず昨年度は大気を対象の中心とした比較的短期的な技術課題がほとんどであったが、今年度は水域、土壌を含めて対象範囲を拡大し、さらに中長期的な技術課題を抽出した。また技術の抽出に当たっては、ニーズを中心としたトップダウン的な視点で抽出することで、より現実的で魅力的な技術課題になるよう工夫した。
 ローリングの結果、作成された今年度の技術戦略マップの特徴は、次のとおりである。まず技術について大気、水域、土壌という環境場による分類を導入し、「-のための-の方法による削減技術」という表現で技術課題を示し、さらに入口と出口のイメージを示したため、より理解しやすいものとなった。 マップの内容に関しては、企業のニーズや市場性を考慮した、現実性のあるものとなった。
 以上より今年度の技術戦略マップでは、社会のニーズを踏まえ化学物質総合評価管理と技術開発の方向性を明示できた。またこの方向性を鑑み、個別技術の中から総合的に重要な技術を選定できた。今後、ニーズ変化への対応や深堀すべき技術の詳細化も含めマップを見直ししていく必要がある。
英文要約This research was conducted aimed at developing METI’s “Strategic Technology Roadmap (thereafter called as STR) 2006" for chemical management. The purpose of this map is as follows: to seek public understanding of METI’s R & D investments, to develop policy infrastructure for planning R & D projects and to promote alliances across different fields and industries, technology fusion and the coordinated implementation of relevant policies in Japan.
“STR 2006" is a revision of “STR 2005". “STR 2005" was formulated in 2005 by METI with NEDO for METI's R & D programs, which have been conducted since 2001. One of the programs is "Comprehensive Chemical Substance Assessment and Management Program".
There are two fields for “STR 2006" for the chemical management; risk assessment and management (thereafter called as “RA & RM”) and risk reduction technology (thereafter called as “RD”).
In developing “STR 2006" for RA & RM, needs especially of governments and private companies for RA & RM were clarified and technologies meeting them were identified. Then, when individual methodologies have to be developed and which methodologies are important were clarified in more detail than on “STR 2005”.
There are some futures on “STR 2006" for RA & RM. One future is that it characterizes RA & RM of the past, present and the future as respectively “first generation" (substance-by-substance management based on hazard), “second generation" (substance-by-substance management based on risk) and “third generation" (optimum management based on a balance between risk and benefit). In the third generation, instead of pursuing zero-risk or of minimizing risks from concerned chemicals only, the society should consider multiple risks including risks from substitutes of the concerned chemicals and compare risks and benefits from these chemicals. The society should not avert its eyes from them, but face risks, which can be achieved through risk communication.
The other feature on “STR 2006" for RA & RM is that it clarifies directions of the development of RA & RM methodologies toward the third generation. A special attention is paid to the “purpose orientation" of these methodologies. “Purpose orientation" means that the RA & RM methodologies are not individual methodologies themselves, but rather a combination of hazard or exposure assessment methodologies, arranged so as to realize a specific purpose of RM. Therefore, “STR 2006" for RA & RM shows not only the development of individual methodologies but also the realization of their purposes and furthermore the realization of comprehensive chemical substance assessment and management - the ultimate purpose of RA & RM methodologies. This sequence from methodologies to purposes indicates what “STR 2006" for RA & RM is directed to.
In developing “STR 2006" for RD, more technologies for water and soil and more technologies for medium- to long-term problems were included than on “STR 2005". On “STR 2006" for RD, technologies were selected in a top-down manner, starting from the needs so as that more attractive and realistic technologies can be selected.
Features of “STR 2006" for RD are as follows: RD technologies are categorized by environmental media, that is, air, water and soil; the technologies are expressed as technologies by XXX aimed at YYY; the state of society and environment before and after the development of the technologies is shown. All these features will help to make “STR 2006" for RD more understandable.
As stated above, on “STR 2006" for RA & RM and for RD, the directions of comprehensive chemical substance assessment and management and those of technology development were made clear, taking into consideration the needs of the society. According to the directions, important technologies were selected.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る