成果報告書詳細
管理番号20090000000566
タイトル平成18年度成果報告書 化学物質総合評価管理技術開発に関する戦略的ロードマップローリング調査
公開日2007/2/1
報告書年度2006 - 2006
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号
部署名環境技術開発部
和文要約経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構では、平成13年度より「化学物質総合評価管理プログラム」を実施している。これは同省の研究開発プログラムの一つであるが、これらプログラムに対して平成17-18年度に「技術戦略マップ」が策定された。このマップの目的は、同省の研究開発投資を国民に説明し、プロジェクト企画立案のための政策インフラを整備すること等である。 昨年度のマップは、重要技術を専門家の総合的判断(暗黙知)で選定しており、非専門家である国民には選定根拠がわかりにくくなった。そこで今年度は、マップを国民のコミュニケーションツールとして活用できるよう、選定根拠の暗黙知を形式知化することとした。そのため、評価項目を明示して各技術を評価し、改めて重要技術を選定した。 化学物質総合評価管理のマップにはリスク評価・リスク管理とリスク削減技術の2分野あるが、前者では次のように評価項目を設定し、技術を評価した。 まず評価項目としては、化学物質管理の目標像が第1世代(物質ごとのハザードに基づく管理)から第2世代(物質ごとのリスクに基づく管理)を経て第3世代(リスクトレードオフに基づく最適管理)に移行することを目指すことから、評価項目1として、「第3世代の管理を実現しうる技術という観点からの評価項目」を設定した。本項目はさらに細分化して、評価項目a. (情報の効率的取得)、b.(不確実性の低減、不確実性の定量化による意思決定への貢献)、c. (リスク転嫁の回避、コミュニケーションと意思決定への貢献)とした。また、評価項目2として、今後の日本の化学物質管理は、国際的調和とともに日本からの影響力発揮が必要なことから、「海外動向への日本の影響力発揮という観点からの評価項目」を設定した。  次に評価方法としては、多目的・多機能タイプと特定目的・特定機能タイプの双方の技術が選定できるよう、2つの選定基準((1)多くの項目で一定以上の評点、(2)少なくとも1項目で極めて高い評点)を設け、どちらか一方を満たせば重要技術とすることとした。また補足的に、日本の固有性を反映するための重要技術も選定することとした。以上の技術評価の結果、64の重要技術を選定した。 リスク削減技術では、次のように評価項目を設定し、技術を評価した。 まず評価項目としては、今後の日本の化学産業等が化学物質のリスク削減とともに、そのための技術開発で世界をリードし産業競争力を強化していく必要があることから、(1)リスク削減効果と(2)産業競争力強化の2項目を設定した。(1)については、技術の「リスク削減のポテンシャル」を削減物質のハザードと排出削減量で評価し、技術の普及しやすさを「コスト」で評価した。(2)については、国内産業保全上の必要性、世界トップレベルへの期待、技術的な広がり、恩恵の及ぶ産業の広がりという観点から評価した。 次に評価方法としては、(1)、(2)の各項目で閾値以上の評点を得た技術を選定することとしたが、リスク削減技術の本来の目的上(1)を重視することとし、(1)の閾値を(2)より低くして、多くの技術が選ばれるようにした。以上の技術評価の結果、38の重要技術を選定した。 今年度は、従来「化学物質総合評価管理の技術」として極めて概念的に捉えられていた技術の要件について、目指すべき方向性からトップダウン的に導出し「評価項目」として明示するとともに、それと各技術を照らし合わせることで各技術の役割を明確化できた。また、技術を見直して追加を行い、マップを充実させることができた。以上を行政・研究機関・企業間の議論により遂行できたことは、大きな果実と言える。
英文要約This research was conducted for revising a METI’s “Strategic Technology Roadmap (STR) 2007" for a field of comprehensive management of chemical substances. The purpose of the STR is to seek public understanding of METI’s R & D investments, to develop policy infrastructure for planning R & D projects and so on. In the 2007 STR, some of the technologies listed on the STR were identified as important by the judgments of the experts. The judgments were based on their implicit knowledge and difficult for the public to understand. Therefore, this research tried to clarify such knowledge so that the STR could be used as a tool for communication with the public. For this purpose, it set up criteria, based on which the technologies on the STR were evaluated in order to select important technologies anew. There are two fields for STR 2007 for the comprehensive management of chemical substances: risk assessment and management (“RA & RM”) and risk reduction technology (“RR”). For evaluating the RA & RM technologies, two types of criteria were set. The first criterion was for measuring how much a technology can contribute to realize the “third generation of chemical management (optimum management based on a balance between risk and benefit)”, based on the idea that chemical management should evolve from the “first generation" (substance-by-substance management based on hazard) through the “second generation" (substance-by-substance management based on risk) to the third generation. Under this criterion, three subcriteria were set: (a)the efficiency for obtaining information for RA & RM, (b)the ability to reduce and quantify the uncertainty in estimating such information and (c)the contribution to avoid risk shifting and to promote appropriate communication and decision making. The second criterion was for measuring how much influence Japan can have on the world trend in chemical management. According to these criteria, the RA & RM technologies were evaluated, which resulted in identification of 64 technologies as important. For evaluating the RR technologies, two types of criteria were set((1)the effect of reducing chemical risks and (2)that of enhancing industry competition), based on the idea that the industries in Japan need to reduce the risks and develop the world NO.1 RR technologies which can help Japan to compete the world. Under the criterion (1), two subcriteria were set: (a)the risk reduction potential calculated by using the hazard of the target substances and the volume to be reduced by a technology and (b)the possibility of the spread of a technology. The criterion (2) depends on some factors such as the spillover effect of a technology. According to these criteria, the RR technologies were evaluated, which resulted in identification of 38 technologies as important. In this research, the requirements for the RA & RM or RR technologies were clarified by the topdown approach from what the future society should be, which is a big achievement.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る