成果報告書詳細
管理番号20090000000573
タイトル平成20年度成果報告書 微生物を利用した石油の環境安全対策に関する調査 石油関連施設微生物腐食対策及び石油の国際輸送における海洋汚染対策 安全性に関する調査
公開日2009/9/29
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人鹿児島大学
プロジェクト番号P05032
部署名環境技術開発部
和文要約沿岸に漂着した石油を除去するため微生物を用いた環境修復法(以下、バイオレメディエーション)を実施した際、石油分解代謝物だけでなく、海浜に付着した炭化水素が海水中に乳化して“可溶化”され、沿岸生物に対する毒性の増す可能性を考慮する必要がある。本研究では、石油および石油分解代謝物混合物の環境毒性の評価法を確立し、海産魚類等を用いた生態毒性試験を実施し、バイオレメディエーション実施の影響評価を実施した。昨年度、毒性の認められた原油分解液について、再度、海産メダカであるジャワメダカ(マレーシアおよびインドネシアに生息)を用いた生態毒性試験を実施してその毒性を確認し、さらに、原油分解液に含まれる石油成分の、ジャワメダカによる生物濃縮性評価を行った。 その結果をまとめると、次のとおりとなった。 1.本実験で20倍希釈した分解液試験区でジャワメダカ卵の死亡率に何ら影響が認められなかったことから、流出油が漂着し海岸でバイオレメディエーション技術を適用し、原油が微生物によって分解あるいは乳化した分解液が20倍程度希釈されると仮定した場合、魚類卵に対する毒性は認められないと考えられる。 2.原油WAFと原油分解液中PAHsを比較すると、分解液中PAHs濃度が高かった。これは分解液中に乳化したPAHsがより多く存在したためと考えられる。3.原油WAFと原油分解液の希釈液で飼育した試験魚中PAHs濃度は、分解液中で飼育した試験魚中PAHs濃度が高かった。これは、試験液中PAHs濃度の差に起因しているものと考えられた。 バイオレメディエーション技術を現場に応用した場合、毒性が高くなる可能性は低いが、周囲の生物のPAHs濃度の高くなる可能性がある。したがって、試験期間中、生物中PAHs濃度のモニタリングを実施する必要がある。
英文要約(a) Toxicities of biodegraded crude oil solutions on fish early life stage In last and this year, biodegraded crude oil solutions and water accommodated fraction of crude oil (WAF) were applied to eco-toxicity test using marine java medaka embryo, Oryzias javanicus. Less than 5% of biodegraded crude oil solutions, environmentally relevant diluted concentration of them, did not adversely affect on hatchability and days for hatching of java medaka embryo.  These results suggest that environmentally relevant concentration of biodegraded crude oil solutions do not adversely affect on fish comparing with the toxicities of WAF. (b) Bioacumulation of polyaromatic hydrocarbons (PAHs) by java medaka  To clarify the potency of PAHs bioaccumulation of biodegraded crude oil solutions and WAF, java medaka adults were exposed to 0.3 and 3% of biodegraded crude oil solutions and 1 and 5% of WAF. PAH residues were not different between WAF experiments and controls. However, about three times increases of PHA residues were observed in biodegraded crude oil solutions experiment.  These results suggest that the toxicities of biodegraded crude oil solutions are small, however, the potency of PAHs bioaccumulation is relatively high. Therefore, PAH concentrations of aquatic organisms should be monitor around bioremediation sites.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る