成果報告書詳細
管理番号20090000000541
タイトル平成20年度成果報告書 医療機器技術戦略調査報告書
公開日2009/11/25
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ
プロジェクト番号
部署名バイオテクノロジー・医療技術開発部 医療グループ
和文要約要約 本調査研究では、ライフサイエンス分野の医療機器技術戦略マップについて、導入シナリオ、技術マップ(重要技術の評価も)、技術ロードマップ(医療的変化と技術的変化)を見直した。これらは、委員会での討議を含め、有識者から多くの意見を伺って、その内容を確定した。今回見直した結果は、以下の通りである。なお、導入シナリオは経済産業省主導で作成された。医療機器分野の導入シナリオ医療機器分野における目標と将来実現する社会像、研究開発の取り組み、関連施策の取り組み(規制・制度改革、他省庁との連携、プロジェクト等の間の連携)、海外での取り組み、民間での取り組みにかかわる全体像を見直した。医療機器分野の技術マップ(共通技術マップ、疾患別の個別技術マップ)循環器疾患の個別技術マップ、さらに共通技術マップについて、カテーテル治療を、改めて低侵襲標的治療の範疇に位置づけ、カテーテル・ガイドワイヤー、PTCA(経皮的冠動脈形成術)、ステント、ステントグラフト、アテレクトミー、経皮経管弁置換(カテーテル)、脳動脈塞栓コイル、カテーテルアブレーションに分けて補強した。技術課題としての身体機能の代替は、新たに神経疾患や感覚器疾患の個別技術マップにも設け、共通技術マップと神経疾患や循環器疾患の個別技術マップでは、身体機能の代替・補助という名称に変更した。身体機能の代替・補助については、電気刺激療法を、治療的電気刺激(感覚機能再建、疼痛緩和)、生体機能補助電気刺激、機能的電気刺激(運動機能再建)という3つに分類して拡充した。循環器疾患の個別技術マップでは、再生医療との接点として再生医療支援用医療機器を追加した。共通技術マップでは、インプラントを人工骨と人工血管に分けた。共通技術マップに、技術ロードマップにおいて追加・拡充した光機能イメージングや小線源放射線治療を追加した。技術マップでは、抽出した技術課題の中から、「日本の競争力」「国内市場規模」「社会的ニーズ」の3つの観点から重要技術を選定・評価しているが、この判定基準を一部見直すとともに今後の検討すべき課題とした。医療機器分野の技術ロードマップ医療的変化では、「安全・安定で早期退院できる機能代替治療」について、2015年における患者個人に合わせたインプラント・生体機能代行装置、2025年における生体と共生できるものにおいて、想定すべき変化の記述を補強した。技術的変化では、光を利用した医療機器について、昨年度追加した光機能イメージング(拡散光検出)を大幅に拡充するとともに、OCT(光干渉断層撮影;直進光検出)を追加した。また、昨年度追加したカテーテル治療と人工心臓・ペースメーカも拡充し、さらに、小線源放射線治療、透析などの血液浄化を追加した。今回改訂した技術戦略マップとともに、広範なアンケート調査や的を絞った有識者ヒアリングを通じて、マルチモダリティ、ハードとソフト(機器と情報)、診療と治療、予防と診断といった融合や複合化、さらに、創薬や再生医療との接点の重要性を提起した。その観点で、国として優先的に取り組むべき技術課題を抽出し、重点化プロジェクト案を提案した。
英文要約The main purpose of this study was to update and improve the Technology Strategy Map 2008 for diagnostic and therapeutic equipment. The Technology Strategy Map was drawn up four yeays ago for the first time, and is revised every year. The version of year 2008 consists of an introductory scenario, a common technology map, four specific technology maps, and two kinds of technology roadmaps.
To achieve this object, the committee meetings were held three times. The committee is comprised of nine members who are eminent persons from industry, government, and academia in the field of medical decices. As a result, the Technology Strategy Map (the version of year 2009) for medical devices was revised as follows.
1. Introductory scenario of medical devices
The scenario was revised under the leadership of the METI. It gives a broad overview of future technology and society including national strategy, the present national projects, and improvement of environments surrounding the development of medical devices.
2. Technology map of medical devices
In the specific technology map for cardiovascular disease, the catheter treatment in the category of minimally invasive treatment was classified into catheter guidewire, percutaneous transluminal coronary angioplasty(PTCA), stent-graft, atherectomy, catheter ablation, and so on. These changes were reflected in the common technology map.
Medical devices for the electrical stimulation therapy are important in supplementing and alternating the physical function. Such medical devices were added as new technological issues to the specific technology maps of neurological disorders and sensillum diseases.
Furthermore medical devices to assist regenerative therapy were added to the specific technology map for cardiovascular disease. Optical functional imaging and radiation therapy equipment with a small radioactive source were added to the common technology map.
3.Technology roadmap of medical devices
The medical change in alternative medicine for replacing and assisting the function was improved. The associated medical devives will be personalized in 2015 and coexist with biological bodies in 2025.
For technology change, optical functional imaging was made a drastic revision and optical coherence tomography was added. Furthermore radiation therapy equipment with a small radioactive source and blood purification including dialysis were added.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る