成果報告書詳細
管理番号20090000000561
タイトル平成20年度成果報告書 薄型テレビの省エネルギー型リサイクル技術開発に関する調査研究
公開日2009/11/25
報告書年度2008 - 2008
委託先名社団法人電子情報技術産業協会
プロジェクト番号
部署名環境技術開発部
和文要約本調査研究では、使用済みパネルガラスの再資源化に的を絞り、パネルガラス以外に用途展開の可能性について実験を通し評価した。実験試料は、JEITAが市中から購入した使用済み薄型テレビと、テレビメーカー、パネルメーカー各社から供給された。
1、パネルからガラスを取出す、易解体の調査研究。
 1-1、プラズマディスプレイ(PDP)パネルから、放熱板を解体する調査研究では、熱方式と機械方式の2通りを実験した。加熱方式では加熱炉250℃で20分にて全てが剥がれ落ちる事が確認された。機械方式では人力レベルで2社のパネルが解体できたが、別の2社のパネルは人力では不可能な結果であった。
 1-2、液晶ディスプレイ(LCD)から偏光板を剥す調査研究では、現在稼動している剥離機器の中から3機種を選定し、機器の性能を確認しながら100枚以上のLCDパネルで実験を行った。実験した機器の持つ最良条件設定下では、偏光板をきれいに剥離する事が確認できた。機器の剥離稼動時間は0.4分程度(40インチ相当)であった。年代による剥離難易度は少ない。但し、割れたパネルについては、今回選定した機器では剥すことはできず、調査期間の制約から、今後の課題とした。
 1-3、パネルセルからガラス上に形成された電極やTFT等を除去しガラス再資源化材料を得る調査研究では、3種類の異なる除去方式を行った。1)ウォータジェット。2)サンドブラスト。3)薬液を使った方法。また、ガラス粉砕・磨砕技術での形成物除去はできなかった。
2、使用済みパネルガラスを使った他用途展開の調査研究では、ビンガラスの代替実験として、1)リン酸吸着発泡材、2)高機能性塗料用ガラスパウダー、3)透水性、保水性、ブロック、を行ったが、いずれも、ビンガラス同等の効果が確認できた。リン酸吸着能力についてはビンガラスを超える能力を確認した。今後、実用化検証に向けた課題として期待が持てる。また、新たな用途開拓を目的としたガラス関連分野以外での調査研究においては、酪農、農業での可能性が見られた。
3、省エネルギー評価に関し、PDP易解体で0.26kg-CO2、LCD易解体0.137kg-CO2であった。
 本調査研究により、今後のリサイクル技術の課題が明らかとなった。今後、これらの課題解決が必要であるが、ビジネス的見地からは、廃家電からFPDパネルを集荷する仕組みの構築についても、重要な課題のひとつである。
 本調査研究は、薄型テレビはもとよりパソコンから小物家電に至るFPDパネルを採用している全ての廃家電に適応できるものである。
英文要約This study focused on recycling of used panel glass through experiments that assessed the possibilities for application in areas other than panel glass. The material used in the experiments was from used flat screen televisions purchased in the shops and supplied by JEITA from television and panel manufacturers
1. Removal of glass from panels and dismantling.
1-1. In the study in which we dismantled heat slingers from plasma panel display panels (PDP), our experiments were done using heating and mechanical methods. In the heating method, peeling was observed in all cases at 250℃ maintained for 20 minutes. In the mechanical method, we were able to dismantle panels from two manufacturers by hand but this was not possible with the other two.
1-2. Our study which involved stripping the polarization plate from the liquid crystal displays (LCD) selected three types of peeler from those currently in operation and tested LCD panels of 100 ply or more to confirm the performance of each peeler. We were able to confirm that the polarization plate was stripped cleanly away under the optimum settings for each of the peelers. Time taken was around 0.4 minutes (40 inches). Age made very little difference to the difficulty in peeling. However, the peelers selected were not able to strip broken panels and, due to the limited time available to the study, this must be examined later.
1-3. In the study aimed at obtaining glass for recycling by removing electrodes and TFT elements formed on the glass from the panel cells, three different removal methods were used. 1) Water jets. 2) Sand blasting. 3) Chemical treatment. It was also impossible to remove formative substances with glass pulverizing and polishing technology.
2. Our studies into other applications for spent panel glass looked at 1) phosphate adsorption foam; 2) glass power for use in high performance coatings; 3) permeability, water retention properties and blocks as experiments in finding alternatives for bottle glass. In all cases, the effects were similar to those of bottle glass. We found that phosphate adsorption properties exceeded those of bottle glass. We anticipate that this will be a promising subject for later proving trials. In our studies in non-glass related fields as a means of identifying new applications, we discovered possibilities in dairying and agriculture.
3. In assessing energy saving, consumption for PDP dismantling was 0.26kg-CO2 and 0.137kg-CO2 for LCD dismantling.
 The study revealed the issues confronting recycling technology. These must be resolved but from a business standpoint, creating a system to collect FPD panels from used appliances is one of the most important issues.
 As well as flat screen televisions, this study can be applied to all used appliances with FPD panels ranging from personal computers to small appliances.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る