成果報告書詳細
管理番号20090000000562
タイトル平成20年度成果報告書 未利用資源からのリン、カリウムの省エネルギー型回収技術開発の先導調査
公開日2009/11/25
報告書年度2008 - 2008
委託先名JFEテクノリサーチ株式会社
プロジェクト番号
部署名環境技術開発部
和文要約 肥料をはじめ、食品、飼料、工業薬品、医薬品などに多用されており、農業と工業にとって必須の物質であるリンとカリウムを、我が国はほぼ全量海外に依存している。近年の発展途上国の人口増加や急激な経済成長、およびバイオ燃料生産の急増による肥料需要の増大は、リン及びカリウム資源の供給上の問題を生じさせている。
 一方で、リンやカリウムは国内で消費された後、環境中に放出され、回収可能な形態で多く残留していることが認識されている。これらの未利用資源からの現実的な回収技術を確立することは我が国のリン及びカリウム資源の安定的確保に有効である。
 本調査はリン及びカリウムについて需給状況、国内マテリアルフローの把握、未利用資源量の推算、回収技術調査及び技術的課題の整理を実施し、今後の技術開発の方向性について提言するものである。
 調査の結果、
 1)リン及びカリウムの世界需要は今後も増大してゆく。
 2)未利用資源としてのリンは下水道、鉄鋼業に回収可能な形態で存在している。カリウムはセメント産業及び製塩業に存在している。これらの未利用資源からの回収技術の実用化が提案された。
英文要約Japan is dependent on foreign resources about phosphorus and potash which is necessary for agriculture and industry, for instance, fertilizer, food, feed, chemicals and medicines. Recently rapid increase in demand of fertilizer, which is caused by population growth and rapid economic growth in developing countries and a boom of biofuel production, has caused supply problems.
On the other hand, it is known that phosphorus and potash which is consumed in Japan is discharged to the environment and mostly remains there in forms which can be recovered. The recovery of these unused resources is efficient for securement of resources of phosphorus and potash in Japan.
This study was made on analyzing global supply-demand situation and domestic material flow, estimating quantity of unused resources about phosphorus and potash in Japan. And it was made on review of the recovery technologies and extracting theses technical problems. Finally the policy of technological development was suggested.
Here are conclusions.
1)The world demand of phosphorus and potash will be increasing.
2)There are considerable amount of unused resources of phosphorus in the sewage system and steal making industry. Unused resources of potash are in cement industry and salt industry. And some technologies of the recovery were suggested.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る