成果報告書詳細
管理番号20090000000814
タイトル平成20年度成果報告書 導電性接着剤実装技術に関する標準化調査
公開日2009/11/26
報告書年度2008 - 2008
委託先名社団法人電子情報技術産業協会
プロジェクト番号P04002
部署名環境技術開発部
和文要約平成20年度NEDO「導電性接着剤実装技術に関する標準化調査事業」プロジェクトを推進するため、社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)に導電性接着剤実装技術標準化推進委員会を設け、標準化に向けたロードマップの作成、必要に応じたデータ収集、分析、標準化原案の作成、及び標準化提案を目指して調査を実施した。
これは、平成17年度から平成19年度にかけてNEDO「高温鉛はんだ代替技術開発」プロジェクトを遂行し、高温鉛はんだ代替として低温実装・高温耐熱性のある等方性導電性接着剤を一つのターゲットとして開発を進めた成果であり、並行して導電性接着剤の実装信頼性の標準的評価方法の開発を進め、導電性接着剤実装で信頼性確保の鍵となるプロセス技術、熱特性を含めた材料特性評価、耐久性試験方法の基本技術を獲得したことが出発点になっている。
導電性接着剤実装技術では、これまで作業現場ごとに試行錯誤の下に異なる取り扱いが為されてきましたが、実装プロセスそのものの見直し、材料特性評価技術、さらには信頼性評価技術のすべての領域にわたって、はんだとは異なる様々な要求項目があることが分かってきた。これを的確に把握し、高信頼性を実現する実装技術として制御するためには、そのノウハウの取得とともに、一連の評価技術を材料メーカ、電子部品メーカ、さらにはユーザとなる電気・電装メーカのそれぞれが共通に使えるものとする必要がある。本プロジェクトでは、この大きな目標の下にメンバーが協力して事業を進めた。
本プロジェクトでは、経済産業省及びNEDO の的確なご指導を頂き、また、JEITAの下で委員会を設置し、日本プラスチック工業連盟の協力を得てプロジェクトを実施した。
英文要約After the NEDO R&D Project on the Development of Alternative Interconnection Technologies for High Temperature High Lead Solders carried out in FY2007-2009, the isotropic conductive adhesives (ICAs) can be one of the great candidates. To expand the usage of ICAs, it is essential to establish the corresponding evaluation methods and guidelines both for material properties and reliabilities. The current project aims at the establishment of such evaluation methods for ICAs. The project involves the process parameters standardization, the standardization of materials property evaluation methods for electric/thermal conductivities, mechanical properties and that for the reliabilities of the assembled printed circuit boards (PCBs). The DC measurement method was intensively examined by designing suitable testing boards. The precise evaluation of electric conductivity of ICAs and the interface resistivity between ICAs and the electrodes on PCBs. The measurement method of AC response, up to high-frequency about 10 Gbps, was developed for the BGA type interconnection and for the ICA wiring on PCBs. The precise mechanical properties evaluation methods such as fatigue creep and shear tests were developed with the specific designed micro-joint specimens. The simple thermal conductivity and thermal interface resistivity measurement method was developed and the accuracy was evaluated. The impact test method was developed by using a pendulum type impact machine. The accuracy of the impact measurement was adjusted by adopting a laser speed measurement of the impact hammer before and after the impact. The basic conductivity evaluation was performed by using the in-situ TEM observation with two needle electrodes and demonstrated that the application of current on ICAs sometimes causes morphology change of conductive Ag particles in the epoxy matrix.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る