成果報告書詳細
管理番号20090000000897
タイトル平成18年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 省エネ・節水型繊維染色加工モデル事業 実施可能性調査(インドネシア)
公開日2009/11/26
報告書年度2006 - 2006
委託先名株式会社KRI
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約1.モデル事業実施のための基本事項:対象国産業、対象国政策、および対象国設備投資動向について調査し、基本事項として整理した。2.モデル事業実施サイト候補の選定:候補サイトは、インドネシア側と日本側で協議のもとに書面調査によって実施し、5社を選定した(一次調査)。この5社に対して二次調査としてサイト訪問およびアンケート調査を行い、最有力候補1社を選定した。この1社について現行設備におけるエネルギーと水の実測を行いモデル事業効果の算定による選定結果の確認を実施した。その結果、エネルギーは41%、水は28%削減できるという計算結果を得た。3.対象技術の普及可能性:対象技術による省エネと節水の効果、および経済性について検討し、普及可能性についての評価を行った。その結果、設備の一部現地調達等により普及性の高い技術となりうる事が確認できた。4.CDMに関する業務:今回のFS調査業務の結果に基づき、PDD(Project Design Document)を作成した。
英文要約1.Basic point for model project enforcement:Investigation about the industry, policy, and plant-and-equipment investment trend of a candidate country was conducted. Those results were arranged as the basic point.2.Selection of the model project candidate place:The candidate site was carried out by document investigation on the basis of deliberations by the Indonesia and Japan side, and selected five companies (primary investigation).The visit to a site and the questionnaire were performed as secondary investigation to these five companies, and one company of leading candidates were selected.Survey of the energy and water in the present equipment were performed about this one company, and the selection result by calculation of the model project effect was checked.As a result, 41% energy reduction and 28% water reduction were obtained by the calculation.3.Dissemination possibility of object technology:The effect of energy and water saving by object technology and economical efficiency were examined, and evaluation about spread possibility was performed.It was checked that this technology spreads easily by the local manufacturing of some equipment etc.4.Work about CDM:PDD (Project Design Document) was created based on the result of this FS investigation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る