成果報告書詳細
管理番号20090000001054
タイトル平成20年度成果報告書 エネルギー供給事業者主導型総合省エネルギー連携推進事業(建築物に係るもの) 平成17-18年度補助事業者の実施状況に関する調査
公開日2009/11/26
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社日建設計総合研究所 株式会社システック環境研究所
プロジェクト番号P05014
部署名エネルギー対策推進部 住宅・建築物グループ
和文要約補助事業者が提出した平成19年度の実施状況報告書のデータを取りまとめた。本事業の目的である、民生部門におけるさらなる省エネルギー推進策として、エネルギー供給事業者が、消費者に直接エネルギーを供給している事業者にしか持ち得ない専門知識やエネルギーの使用状況に関する情報等を活用しつつ、地域特性に精通している地方公共団体等と連携することにより、地域における省エネルギーを計画的・効果的に推進することを念頭に、導入事業と広報等事業の実施状況と効果を整理・分析した。本調査の対象補助事業者数は8件であるが、既存事業「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業」の調査事業での実績を活用することにより、より詳細で正確な分析を行った。
補助事業実施状況の解析結果は以下のとおりである。
1.補助事業全体の省エネ率は、H19年度実績で16.2%となり、計画値17.8%と概ね同等の省エネ率を達成した。
2.地方自治体が対象建物の与件を的確に整理し、エネルギー供給事業者とESCO事業者が連携して省エネ方策の導入状況を分析して補助事業にフィードバックし、かつ、施設利用者と保守運転管理者の協力が得られる体制を構築できた補助事業者は高い効果を得ている。
3.システム別の省エネ効果を分析した結果、コージェネ・蓄熱システムは、省エネ率が大きく、消費エネルギー量も大きいため、建物全体のエネルギー消費量の削減に寄与している。
4.費用対効果の高い省エネシステムを多く採用することが重要である。
5.広報等事業においては、各自治体ともに創意工夫された広報ツールを制作し活用している。広報等事業の目的・目標を明確にし、ツールの有効活用に力点をおい
た展開にしていくことで、更なる広報効果が期待できる。
英文要約Project for Promoting Energy Provider-led Integrated Energy-saving Cooperation grants subsidies to partially cover the costs of projects that systematically and efficiently promote energy conservation for households and buildings in targeted areas. Energy providers, utilizing their specialized energy consumption knowledge, including compiled energy usage information, collaborate with local governments that are familiar with local properties to promote energy conservation.
This report is aimed to reduce energy consumption of buildings by publishing the effectiveness of introducing the high-efficient energy system using Project for Promoting Energy Provider-led Integrated Energy-saving Cooperation. The investigation objects are 8 grant-aided projects that were subsidized in 2005 and 2006 fiscal year, analyzing the data of the execution condition report in 2007 fiscal year collected from entrepreneurs, and arranging the results which included the tendency and its cause of the entire supplementary project, and the energy-saving effects.
The results of the analysis of the execution condition are as follows:
(1) The effect of energy conservation of the entire project became 16.2% in 2007 fiscal year, which meant to have achieved almost as same effect as the estimated value before project 17.8%.
(2) The entrepreneurs who achieved large rate of energy conservation not only adopted high-efficient energy systems but also managed energy by cooperation among local governments and energy providers.
(3) As the result of analysis of the data, it was clarified that the cogeneration system and thermal storage system achieved large rate of reduction of energy.
(4) It is important for the projects to adopt many energy-saving systems which are more cost-effective.
(5) Local governments used various media placing top priority on explicitness in publicity programs.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る