成果報告書詳細
管理番号20090000001059
タイトル平成20年度成果報告書 冷凍空調技術分野の海外における技術開発動向、規制動向等の調査
公開日2009/11/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号Q05015
部署名環境技術開発部
和文要約本調査は、冷凍空調分野のEU、アメリカの新規冷媒の技術開発動向、冷凍空調機器に関する海外の最新の技術開発動向、今後のEU等の規制・制度・施策の動向、冷凍空調分野の国際的な市場動向等の調査から、技術シーズ、市場ニーズ、導入シナリオを取りまとめ、今後の我が国の冷凍空調業界における重要課題を抽出し、プロジェクト立案、効率的なプロジェクト推進に資することを目的とした。
 「冷凍空調機器の技術開発、並びに規制・制度・施策に係る動向調査」として、対象国・地域を、EU、非EU加盟欧州諸国、アメリカとした。技術開発の対象として、「新規冷媒」については、EUとアメリカの動向を把握した。「冷凍空調機器全般」については、EU、非EU加盟欧州諸国、アメリカの動向を把握した。また、規制・制度・施策の対象については、「冷媒」、「エネルギー使用機器としての冷凍空調機器」とした。
 「冷凍空調機器の市場動向に係る調査」として、対象国・地域を、EU、非EU加盟欧州諸国、アメリカ、インド、中国とし、市場動向で対象とする機器については、家庭用エアコンやパッケージエアコン等の空調機器、熱源などに使用される大型機器、熱源を別に有するショーケースや冷凍冷蔵ユニットなどのような中型機器、熱源と熱交換器が一体となった冷凍冷蔵庫等とした。
 「日本の冷凍空調業界における重要課題の抽出」として、上記に基づき、日本の冷凍空調機器業界における重要課題を抽出した。
 「冷凍空調機器の技術開発、並びに規制・制度・施策に係る動向調査」で把握された事項の概要は次の通り。
・欧州では古くから自然系冷媒が採用され、欧州Fガス規制もあり、Fガスの使用の伸びは抑制される。
・米国では、基本的にセントラル方式が採用されていることから、熱源のみに冷媒フロン類が充填されていることが多く、基本的に密閉構造が採用されやすく、引き続き、この形態での機器開発が進むと考えられる。このようなことから、機器稼働時の排出抑制に係る対策は講じられていない。
 「冷凍空調機器の市場動向に係る調査」で把握された事項の概要は次の通り。
・欧米では、冷凍冷蔵機器、空調機器共に販売量の堅調な伸びが予想されている。
・一方で中国やインドでは、中所得者の増加により冷蔵機器の需要が拡大している。中国では、家電製品への補助金支給なども重なり、拡大が顕著となっている。
・空調機器については業務用が中心に伸びていると考えられ、住宅事情の改善により、家庭用も普及することが見込まれる。
 「技術シーズ、市場ニーズ、導入シナリオ」として見いだされた項目の概要は次の通り。
・技術シーズとしては、冷媒の低GWP化がHFC冷媒の混合やHFCと炭化水素類の混合、自然系冷媒の採用として進むが、冷媒の低GWP化は、効率の低下や冷媒自体の環境や人体への影響、リサイクル・リユースの難易性に結びつく。稼働時の漏洩リスクの高い直膨方式の再検討が必要である。
・市場ニーズとしては、世界で拡大が進むコールドチェーンへの進出が考えられるが、流通・物流事業者とのタイアップが必要となる。空調機器については、セントラル方式や二次冷却回路への転換が鍵となる可能性がある。
・直膨方式+HFC冷媒の使用については、今後の世界の流れと逆行する可能性がある。
 「日本の冷凍空調業界における重要課題の抽出」
・EUでは、フロン類はこれまでリサイクル・リユースが中心であり、破壊施設の数も少ない。その中でFガス規制の導入に伴う冷媒使用時の各種規制は、Fガス自体の使用を難しくさせている。
・米国では、2038年にHFC類の使用を15%削減する法案や、自然系冷媒を活用した機器等に係る特許件数が増加、徐々に非HFC化が進みつつある。
・EU及び米国では、歴史的にセントラル方式や二次冷却回路が採用されてきており、フロン系冷媒の使用範囲を限定、高GWP物質に頼らない社会づくりが可能である。
・このような中で高GWP物質の環境中への排出リスクを抱える我が国の直膨方式+HFC冷媒の使用が大きな課題となりつつある。
英文要約This research is focusing on the technological development trends of new refrigerants for air-conditioning and refrigeration in EU and USA, the latest technological development trends of air-conditioning and refrigeration in abroad, future trends of the regulation, institution, and policies in EU and other countries, and international market trends of the air-conditioning and refrigeration. As an outcome of the research, the technological seeds, market demands and introduction scenario are summed up. Important issues for the air-conditioning and refrigeration industry are also extracted. These findings are deserved for making appropriate proposal and promoting future projects effectively.
In the part of "a trend research in relation to the technological development, regulation, institution and policies on air-conditioning and refrigeration" , the target countries and areas are set for EU, non-EU member European countries and US. As a subject of the technological development, for new refrigerants, trends in EU and US were surveyed. Trends in EU, non-EU European countries and US were surveyed for air-conditioning and refrigeration in general. Meanwhile, refrigerants and air-conditioning and refrigeration as energy consumption equipments were subjected for the survey of regulation, institution and policies.
As "a research in relation to the market trends of the air-conditioning and refrigeration" , the subjected countries and areas are set for EU, non-EU European countries, US, India and China. And the subjects for this study are: air-conditioners for home use and packaged air-conditioners; large-size equipments used for heat source; middle-size equipments, which are holding heat sources separately such as showcases and freezing and refrigeration units; and the refrigerator-freezer equipments, which are holding the heat sources and heat exchangers as a whole.
Based on the findings above, in the part of "the extraction of the important issues for Japanese air-conditioning and refrigeration industry" , the key problems are extracted.
The findings in the part of the "trend research in relation to the technological development, regulation, institution and policies on air-conditioning and refrigeration" are as follows:
・In Europe, historically they adopted natural refrigerants. Additionally, due to the F-gas regulation, natural refrigerants will be adopted continuously from now on.
・In US, the secondary cooling circuits are adopted basically. Therefore, most of the times fluorocarbons as refrigerants are filled only in the heat sources. Normally, airtight structures are adopted for equipments. In future, it is expected that the equipment development will be in the form of keeping this structure. For these backgrounds, there are any measurements taken for the emission reduction in the operation of the equipments.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る