成果報告書詳細
管理番号20090000001062
タイトル平成20年度成果報告書 研究協力事業 タイにおけるダイオキシン類測定・分析技術に関する研究協力
公開日2009/11/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社コベルコ科研
プロジェクト番号P93048
部署名環境技術開発部
和文要約現状、タイではダイオキシン類の測定・分析技術(分析手法、設備、人材)が確立されておらず、環境保全の面から早期の分析技術確立が切望されている。本研究協力事業では、技術指導による人材育成、安全性/環境保全に配慮した施設・設備整備を行い、大気中・排ガス中の法令整備・環境保全の運用に有効となるダイオキシン類測定・分析技術を確立し、タイの環境保全に資することを目的とした。
平成20年度は、人材育成としてカウンターパートであるBSIDより研究員を招聘し、ダイオキシン類に関する法令や各種媒体に対する分析方法等の紹介・啓蒙およびJIS法を基本としたサンプリング技術、前処理・測定分析技術に関する基本的なプロセスの研修・指導を行い、技術習得を図った。
また、BSID研究施設内の実験室を改造し、分析装置である高分解能GC/MSを設置するとともに、次年度(平成21年度)の研究協力事業推進の基礎検討として、タイ国内における排ガスサンプルの前処理および測定・分析のための実験室仕様をタイ国研究員と協議し決定した。また、これに基づき安全性および環境保全に配慮した実験室の基本設計を行い、施設・設備の整備を促進した。さらに、測定・分析の迅速処理を図るため、低分解能GC/MSを用いた簡易分析手法の検討を実施した。
英文要約The establishment of the analysis technology such as analysis methods, facilities, technicians for dioxin has not been completed yet in Thailand and the earliest completion for it has been strongly aspired on the ground of the environmental preservation.
The aim of this project in principle is to contribute to the environmental preservation in Thailand by being involved in the following respects:
a) Training as technicians by technical education
b) The installation and the maintenance of facilities and equipments in consideration of safety and the environmental preservation.
c) Effective technical establishment of the analysis of dioxin on the ground of the environmental preservation together with setting rules and regulations against dioxin in the air and exhaust gas.
As the specific planning for 2008, the following scheme was made:
1) Invite researchers from BSID, and introduce and illuminate the rules and regulations against dioxin as well as analysis methods for the various media. In addition, hold workshops to teach sampling techniques, the basic process of pre-treatment and analysis techniques by JIS so that the essential skills may be obtained.
2) Alter the laboratory at BSID and install the high resolution, GC/MS, there, followed by drawing the specification for the laboratory for pre-treatment and analysis of exhaust gas samples, as pre-study of Cooperative Research Project in 2009 after sufficient consultations with Thai researchers. The fundamental design for this laboratory is to be made on the basis of safety and the environmental preservation, and facilities and equipments are to be installed accordingly. Furthermore, simple analysis method employing low resolution GC/MS will be examined for the purpose of swift transaction of measurement and analysis.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る