成果報告書詳細
管理番号20090000000069
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度包括的太陽電池評価技術に関する標準化調査報告書
公開日2009/12/9
報告書年度2008 - 2008
委託先名財団法人光産業技術振興協会
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部 太陽電池グループ
和文要約(1)太陽電池定格出力評価法(レーティング)の標準化
重回帰モデルによる発電量推定方式を検討し、ラウンドロビン実験から得られたデータにより検証したところ、推定精度は目標レベルの5%程度に達するが、異気候における推定パラメータの交換に課題があることが判った。アモルファスシリコンの経年性能変化は依然として発電量推定精度に与える影響が大きく、今後は新型太陽電池モジュールも加えて性能変化を織り込む必要がある。
(2)新型太陽電池評価法標準化
化合物太陽電池であるCIS系太陽電池評価法の標準仕様書(TS)原案を5件,色素増感太陽電池評価法の(財)光産業技術振興協会規格原案を1件,基準太陽光の包括化JIS原案を1件作成した。
国際認証規格であるIEC61646第2版の改正内容を検討し,JIS C 8991改正への予備調査を行なった。
また,国際認証JISであるJIS C 8990の改正原案を提出した。
(3)長期信頼性評価技術標準化のための予備調査
太陽電池モジュールの構成部材毎に評価項目・評価方法の抽出を行ない、評価項目・評価方法の良否等について議論した。
(4)太陽電池の研究・開発・生産実態調査
太陽電池の生産量調査、および単結晶Si太陽電池/多結晶Si太陽電池/薄膜結晶Si太陽電池/化合物太陽電池/アモルファス太陽電池/有機系太陽電池の研究・開発状況の調査を実施した。
(5)国際標準化
IEC(国際電気標準会議)/TC82(Solar Photovoltic Energy System)/WG2(地上用太陽電池セル・モジュール)対応:今年度は5月に米国サンフランシスコ開催された第57回WG2国際会議、10月に韓国釜山で開催された第58回WG2国際会議に参加した。IEC61730では端子ボックス充填材の燃焼試験方法の提案を行い承認された。IEC60891では提案した線形内挿法をフォローし、CDV回付となった。また、国内対策委員会にて、進行中のIEC新規規格案文書及びメンテナンス文書の審議、提案内容の協議等を行った。
英文要約(1) Photovoltaic (PV) module energy rating standardization
Energy estimating methods with multiple regression model were reviewed, and the data obtained from round robin experiments were examined. The estimation accuracy can reach about 5% levels, but it was found to be issues in exchange of estimation parameters among different climates. The impact of secular performance change of amorphous silicon solar cells on energy estimating accuracy is not ignorable yet, therefore, in the future, performance change should be considered in addition new PV cells.
(2) Standardization of new PV cell evaluation method
5 drafts for Technical Specifications on evaluation methods of CIS solar cells and modules, as compound semiconductor materials, an OITDA (Optoelectronic Industry and Technology Development Association) standard “Evaluation method of performance for dye-sensitized solar devices ”, and a comprehensive JIS draft on reference solar spectral irradiance data were made.
Revised issues were examined in IEC61646 Ed.2, the international certification standard, and preliminarily studied for the corresponding revision of JIS C 8991.
The revision draft of JIS C 8990, the international certification standard, was submitted.
(3) Preliminary study for long-term reliability evaluation technology standardization
Evaluation item and evaluation method for each material of PV modules were selected, and appropriateness were discussed.
(4) Field survey of research/development/production of PV cells
The production output and the progress in research & development on single/poly/thin-film crystal silicon, compound semiconductor, amorphous, and organic PV cells were surveyed.
(5) International standardization
IEC/TC82(Solar Photovoltaic Energy System)/ WG2(Modules, non-concentrating):participated in the 57th San Francisco (US) Meeting (May/08), and in the 58th Pusan (South Korea) Meeting (Oct /08). In the discussion of IEC61730, the test methods about the potting material flammability on connector boxes were proposed and approved. In the discussion of IEC60891, the linear interpolation method as Japanese proposal was followed up, and as a result the CDV was circulated.
Domestic action committee conducted discussion on its own proposal and on new proposal/ maintenance documents of IEC.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る