成果報告書詳細
管理番号20090000000238
タイトル平成20年度成果報告書 ナノテクノロジー国際標準化調査
公開日2009/12/26
報告書年度2008 - 2008
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P04002
部署名環境技術開発部
和文要約ナノテクノロジー国際標準化は、2005年12月のISO/TC229第1回ロンドン総会開催から3年が経過し、技術委員会(TC)には数多くの提案がされ、一部は、既に規格として発行されています。 
当初、作業グループ(WG)としては、WG1用語・命名法、WG2計測・キャラクタリゼーション、WG3健康・安全・環境の3つでしたが、2007年3月のIEC/TC113の設立総会からは、WG1とWG2がIECと合同で会議を実施する合意がされ、合同作業グループ(JWG1、JWG2)となりました。
また、2008年5月のボルドー総会からは、WG4材料規格が活動を開始し、各国産業界における製品化や市場規模等の状況を踏まえた規格の策定・審議活動を実施しています。
ボルドー総会及び期間中に開催されたWG会合等では、ナノテクノロジー分野において、関連する技術委員会(TC)や他機関の作業との重複を無くし協調を促すため、また、空白となっている部分や新たな規格開発の機会を明確にするためにNLCG(Nano-technology Liaison Coordination Group)が設置され、さらに関連する標準物質や既存規格等のリスト提供の奨励等が決議されました。
2008年11月に開催された上海総会及び期間中に開催されたWG会合等では、材料規格提案に関して、その役割や測定方法の細部にまで及ぶ活発な審議が行われるとともに、関係する問題を効率的に解決するために社会的及び消費者問題に関するタスクグループ(TG)、環境・健康・安全問題に対処するための計測とキャラクタリゼーションに関するTGの設置等が決議されました。
2009年2月には、国際ナノテクノロジー総合展・技術会議(nano tech 2009)において、情報の共有・交換のために国際標準化ワークショップを主催しました。ナノテクノロジーの産業利用が進むにつれて関心の高まった、製品の安全性や環境・健康への影響に関して、リスク評価を含めた標準化の現状と展望について講演いただくと共に、取り組むべき課題等についてパネルディスカッションを実施しました。
その他、国内活動としては、国際標準化活動推進のため、ナノテク国際標準化
サーキュラー No.9-No.11及びNews Letter No.6-No.7を発行しました。
英文要約It has been for three years since the 1st meeting of ISO/TC229 was held in November 2005 in London, a lot of NWIPs were adopted by TC229 and some of them were published as international standards.
Originally, TC229 consisted of three WGs: WG1 Terminology and Nomenclature, WG2 Measurement and Characterization and WG3 Health, Safety and Environment. When IEC/TC113 was established in March 2007, ISO/TC229 and IEC/TC113 agreed to hold the meetings jointly and set up JWG(Joint Working Group)1 and JWG2.
At the 6th meeting of ISO/TC229 held in Bordeaux, WG4 Material Specification was launched. WG4 is now working on the development of the standards considering the status of manufacturing and the maturity of nanomaterial markets in other countries.
Also, at the Bordeaux meeting, NLCG(Nanotechnologies Liaison Coordination Group) was established to help coordinate and harmonize the work of relevant technical committees and other organizations in the field of nanotechnologies and to identify cross-cutting gaps and opportunities and ways to address these. Other recommendations such as providing a list of reference materials relevant for
nanotechnology were resolved.
In the 7th meeting of ISO/TC229 held in Shanghai in November 2008, signification
of AWIs relating to nanomaterial specification and their detailed measuring method
were discussed. In addition, it was resolved to create a Task Group on Societal and Consumer issues and a Task Group on Measurement and Characterization which
deals with EHS issues relevant to nanomaterials.
The more industrial use of nanotechnologies is promoted, the more public attention to the safety of products and the effect on human health and environment increases.
For reasons mentioned above, in February 2009, at nano tech 2009, Japanese Mirror Committee for ISO/TC229 hosted the 4th Workshop on International Nanotechnology Standardization for sharing/exchanging information. With the theme of current situation and vision of nanotechnology development including issues of it’s risk assessment, some speeches were given, furthermore, some issues remained to be solved were considered at the panel discussion.
As a part of public related activities on international standardization, Japanese Mirror Committee for ISO/TC229 issued Nanotechnology International Standardization Circular from No.9 to No.11 and Newsletter of International Standardization for Nanotechnology. No.6 and No.7.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る