成果報告書詳細
管理番号20090000000322
タイトル平成20年度成果報告書 新エネルギー技術研究開発 太陽光発電システム共通基盤技術研究開発 IEA PVPSプログラム タスク10に関する情報収集
公開日2009/12/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部 太陽電池グループ
和文要約「新エネルギー技術研究開発 太陽光発電システム共通基盤技術研究開発 IEA PVPSプログラム タスク10に関する情報収集」 IEA PVPSプログラム タスク10「都市規模での系統連系PVの応用」に参加し、研究開発・実証・分析・導入促進等に関する情報交換ならびに協力を行うとともに、これに関する情報収集を行った。具体的には、第11回専門家会議への参加、ならびに各国専門家との情報交換を通じてタスク10の活動状況を把握するとともに、参加サブタスク等に関する報告資料等の作成を行った。 日本は、タスク10サブタスク3(技術的要因)のサブタスクリーダー、およびアクティビティ3.3のアクティビティリーダーを務めており、活動推進の中心的役割を果たした。アクティビティ3.1(PVと住宅産業)では、レポート「Community-Scale Solar Photovoltaics: Housing and Public Development Examples」を作成した。アクティビティ3.3(PVと電力系統)ではツール「Visualization tool: Photovoltaics Operating on Electric Grids」を作成するとともに、レポート案「Overcoming PV Grid Issues in Urban Areas (draft)」を作成した。 第11回専門家会議は2008年11月24-25日にオーストラリアのシドニーにおいて開催された。日本からは、アクティビティ3.1にて作成したレポートの完成報告、およびアクティビティ3.3として作成したレポート案の概要報告を行ったほか、タスク10とPV-UP-SCALEの共同で作成している報告書に寄稿予定の日本のケーススタディとして、NEDOが実施している「集中連系型太陽光発電システム実証研究」による主要成果の概略を紹介した。また、専門家会議と連続した日程で開催されたワークショップ(The Role of PV in Smart Grids)および国際太陽エネルギー学会アジア太平洋会議(ISES-AP)に出席し、関連成果の報告、および情報収集を行った。 2008年4月24-25日には、フランスのリヨンにおいて開催されたPV-UP-SCALE会議にサブタスク3のリーダーとして出席し、PV-UP-SCALEと共通するテーマを議論しているアクティビティ3.1および3.3の状況を報告し、今後の進め方に関する意見交換を行った。 また、日本が行うべき対応を効率的に実施するために、有識者からなる調査検討委員会を編成・運営した。
英文要約Title: Collection of Information about IEA-PVPS Program Task10 - Research and Development of Common Fundamental Technologies for Photovoltaic Generation Systems, New Energy Technology Development Through joining the IEA-PVPS programme Task10 (Urban Scale PV Applications), international cooperation activities, which include information exchange among the participant regarding research and development, demonstration, analysis, and promotion of the photovoltaic power systems, as well as collecting associated information, were implemented. The progress and directions of Task10 activities were investigated by attending the 11th technical expert meeting. Documents, papers, and presentations related to the project were developed and presented when needed. Japan has been taking a lead of Subtask3 and Activity3.3, and we took a lead of discussion. In Activity 3.1 (PV and building industry), a report 'Community-Scale Solar Photovoltaics: Housing and Public Development Example' was published. In Activity 3.3 (PV and electricity networks), a tool 'Visualization tool: Photovoltaics Operating on Electric Grids' was developed. In addition, a report entitled 'Overcoming of PV Grid Issues in Urban Area' was also drafted under Activity 3.3. The 11th technical expert meeting was held on 24-25 November 2008, in Sydney, Australia. Japan reported a completion of a report under Activity 3.1, and presented a draft report developed as Activity 3.3. Also, recent results of 'Demonstrative Research on Clustered PV Systems' conducted by NEDO was introduced. In addition, by attending a workshop 'The Role of PV in Smart Grids' and the 3rd International Solar Energy Society Conference - Asia Pacific Region (ISES-AP-08), relative information were collected. The PV-UP-SCALE meeting was held on 24-25 April 2008, in Lyon, France. Japan attended the meeting as a leader of Task10 Subtask3, and reported progresses and directions of Activity 3.1 and Activity 3.3, which were performed by a collaboration with PV-UP-SCALE member countries. In order to perform and discuss effective contributions based on Japanese experiences on PV, a domestic committee for Task10 was organised.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る