成果報告書詳細
管理番号20090000000348
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 有害化学物質リスク削減基盤技術研究開発 有害化学物質削減支援ツールの開発
公開日2009/12/11
報告書年度2007 - 2008
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ 株式会社三菱総合研究所 みずほ情報総研株式会社 独立行政法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P04012
部署名環境技術開発部
和文要約本研究開発は、VOC(Volatile Organic Compounds:揮発性有機性化合物)の排出削減について、削減技術に関する幅広い情報をVOC排出事業者に提供することにより、間接的にVOC削減を目指すものである。VOCの削減については、法規制と自主的取組とのベストミックスにより、2010年度までに2000年度比3割削減を目指すこととされている。しかしながら、VOC排出量のこれまでの削減状況は、平成18年度実績推計段階では20%削減にとどまっており、平成22年度までに30%削減の目標に向けて、さらに14万トン程度の削減が求められている。なかでも自主行動計画に属さない“その他分”のより一層の削減の必要性が大きくなっている。このような自主行動計画に属さない排出事業者の多くは、中小事業者であり、“削減対策としてどのような方法があるのかわからない!”、“対策には多大な投資が必要で、自社で採用できるような対策がないのではないか-”といった戸惑いが見られる。このため、本研究では、このような状況に対応するため、インターネット上でVOC発生抑制・排出削減対策に関する情報を提供し、複数の対策について自社の条件で各種試算ができ、対策選定の手助けをするWebツール【略称:VOCナビ】を開発し、実際の運用を行 い、より使い易いツールへと改良した。なお、発生源別のVOC排出量推計を勘案し、より重要な業種を選定した。具体的には、塗装、洗浄、印刷、接着について、より実務的な検討が可能なツール構成とした。また、対象物質はVOC排出量の多いトルエン、キシレン、クロロホルム、塩化メチレン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンの6物質とし、詳細なマテリアルフローの分析を行った。また、第一のツール利用者ターゲットは、“VOCの使用現場でVOC対策を検討される方”であるが、VOCの(平均的な)排出実態データの確認や対策技術の適用可能性比較などが可能となることから、VOC対策技術を開発される方(技術サプライヤー)やVOC政策・施策を立案される方(行政担当者)も充分、有効に活用することができるツールとなる。上記のような背景と基本コンセプトのもとに、平成17年度から平成20年度の4ヵ年にわたり、VOCナビ(VOC削減支援ツール)の開発を実施した(本報告書は平成19年度から平成20年度までの2ヵ年を対象とした内容である)。 概ね、開発初期段階では、マクロからミクロに至るVOCの実績フローの分析と提示方式の検討及び削減対策技術データの収集と適用技術の評価を中心に、中期段階では、IP(インプラント)対策とEOP(エンドオブパイプ)対策を含めた技術適用による効果試算機能の拡充とWebツールとしての試運用を、最終段階では、試運用で得られた意見・要望を踏まえて、複数メーカーに対する概略見積一括依頼機能の作成及びCO2発生量の算出等のツールとしての機能拡充に重点をおいて行った。また、Webツールの開発という側面では、平成18年度までに開発したプロトタイプを元に、平成19年度は、これをインターネット上で試験公開し、得られたユーザー意見を踏まえて機能改良を行った。平成20年度には、ユーザー拡大に有効と考えられる複数メーカーへの概略見積一括依頼機能を追加するなどユーザーフレンドリーな機能拡充に取り組んだ。さらに、開発したVOC削減ツールをビジネスベースで運用し得るかの検討を平成19年度より開始し、その中でツールの潜在利用者数や削減効果の推定を行うとともに、VOCナビ運用のビジネスモデルの検討を実施した。
英文要約This research and development aims at the VOC (Volatile Organic Compounds) emission reduction by providing wide information on the VOC emission reduction technology to the VOC emission companies. The reduction of VOC is assumed to aim at 30 % reduction compared with 2000 FY by the best mix of a regulatory control and a voluntary effort by 2010 FY. However, the current reduction situation of the amount of VOC exhaust stays in 20% reduction in 2006 FY. The necessity of the reduction especially further more of "Others" that doesn't belong to the voluntary action plan is growing. Many VOC emission companies that don’t belong to such a voluntary action plan are small-and-medium-sized. They are puzzled because they don’t know available measures. Therefore, we developed “VOC Navi” which is a Web Tool for VOC reduction. Web Tool provides information on the VOC emission control and the reduction measures on the Internet. The VOC reduction effects and costs for two or more measures can be calculated provisionally variously on its own condition. The measures selection function is developed, actual operation is done, and it has been improved it be used easily more in the present study. We considered the VOC exhaust amount estimate, and we selected more important type of business, painting, washing electronic component, printing, and bonding. Moreover, we selected six materials which are treated on Web Tool with large amount of the VOC exhaust, and analyzed detailed material flow of the six materials. They are toluene, xylene, chloroform, dichloromethane, trichloroethylene, and tetrachloroethylene. The main user type of Web Tool is administrative person in charge who plans to reduce VOC emission. Other users are equipment suppliers who develop the technology for VOC reduction and the VOC policy makers. The reason why Web Tool can be useful is it provides data on VOC emission, policies on VOC, new technologies to reduce VOC emission, etc., and enables comparison between the many VOC reduction measures. At the early stage of this research and development, we mainly analyzed the VOC flow in micro scale and macro scale, considered the presentation method, and collected reduction measures technological data and the evaluation of the application technology. At the middle stage, for version upgrade, we expanded the calculation function by technological application including IP (in-plant) measures and EOP (end-of-pipe) measures and opened for to public inspection for trial. In the final phase, it gave priority to the function expansion as the tool of the calculation of making the outline estimate batch request function for two or more manufacturers and the amounts of the CO2 emission etc., based on the opinion and the demand of users. Web Tool worked on a function expansion user-friendly as the outline estimate batch request function to the two or more manufacturers thought to be effective for the user expansion was added in 2008 FY.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る