成果報告書詳細
管理番号20090000000349
タイトル平成20年度成果報告書 グリーン・サステイナブルケミストリーに関する戦略ロードマップローリング調査
公開日2009/12/11
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ 神鋼リサーチ株式会社
プロジェクト番号P99029
部署名環境技術開発部
和文要約本調査の目的は、経済産業省とNEDOによる技術戦略マップ作成の一環として、サステイナブル・マニュファクチュアリング分野の一つであるグリーン・サステイナブルケミストリー(Green Sustainable Chemistry:GSC)のマップを策定することである。 サステイナブル・マニュファクチュアリングの概念は、経済産業省の新政策「エコイノベーション」に基づく。すなわち、21世紀は資源・エネルギー・環境制約が顕在化して、エネルギーや地球環境と人間社会の持続性を確保しつつ成長を確保するサステイナブルの視点が必要不可欠となる。このとき我が国は、その優れた技術開発力を生かせば、制約を克服するための技術(サステイナブル・マニュファクチャリング)を持って、国際競争力を強化し、地球環境と人間社会の持続性のバランスを保った成長を実現していくことができる。これまでも、化学産業は様々なエネルギー制約や環境制約を克服してきたが、これからも持続可能な社会を実現していくために化学産業に求められる期待は大きい。これに対し、化学産業は、製品設計、原料選択、製造方法、使用方法、リサイクルなど製品の全ライフサイクルを見通した技術革新により、人と環境の健康・安全、省資源・省エネルギーなどを実現する化学技術、すなわちGSC技術を発展させることによって、自らの成長をはかりつつ社会の要請に応え、社会を発展させていく使命を持つ。 本調査は、これを受け、GSCを国の戦略的テーマとして据え、1.産業競争力強化、2.新産業創生、3.安全・安心な社会を目標とするマップの策定を目的としている。 本年度は、昨年の調査を母体としたローリングの形で行い、昨年度の内容を適宜更新するとともに、評価方法にも定量性を加え、特に重要性が高い技術テーマを抽出し、より詳細な評価を行った。調査は、大きく分けて、戦略WGと本委員会での検討により実施され、前者においては、化学産業と国家の戦略的方向性を、後者においては、期待される化学技術の抽出と評価に関する検討が実施された。「I.国内の化学産業を取り巻くサステイナブルテクノロジーの体系化、産業モデルの構築」と「II.2050年までの将来ビジョンの調査、予測モデル構築」に戦略WGでの調査結果をまとめた。まずは、化学産業の将来ビジョンの検討を行なった。内容としては、昨年度ロードマップに対する化学産業界からのヒアリングのほか、同じ素材産業である化学産業と鉄鋼業とを比較した結果等を基に、「エネルギー効率の改善(省エネルギー、CO2削減)」、「資源生産性の改善(資源有効利用)」、「環境負荷の削減(廃棄物排出削減、化学物質リスク削減)」について、プロセス(プロセスイノベーション)、製品(マテリアルイノベーション)の両面からGSCの戦略目標(出口)を設定した。また日本の化学製品の世界シェアから強いあるいは弱い製品群を抽出するなどして、スペシャリティ・ケミカルズとコモデティ・ケミカルズの2つに分類し、化学産業の持つ強み(S)、弱み(W)、機会(O)、脅威(T)についての分析を行ない、最終的に7項目の化学産業における国家戦略を提言した。 「III.技術マップ・ロードマップの作成」については、技術の選定に際し技術分野として、エネルギー、資源、環境、生活の4分野を設定し、これらの分野に関する技術テーマを広く調査し、整理軸ごとに分類してまとめ、重要整理軸と重要技術テーマを選定し、技術マップを作成した。技術テーマは149にのぼり、この中から選定された21の重要整理軸と58の重要技術テーマについて、技術戦略ロードマップを作成し詳細な評価を行った。
英文要約The objective of this study is to draw up a map for Green Sustainable Chemistry (GSC), which is one sector in Sustainable Manufacturing, as part of the preparation of a technology strategy map by the Ministry of Trade, Economy and Industry (METI) and NEDO. The concept of Sustainable Manufacturing is based on METI’s new Eco-Innovation strategy. In other words, resource, energy and environmental limitations will become apparent in the 21st Century, and a sustainable viewpoint than ensures the continuity of energy, the global environment, and human society, while also ensuring growth, will become indispensable. If Japan can leverage superior technology development capabilities of relevance at that time, it will possess technology (Sustainable Manufacturing) in order to overcome these limitations, and it will be able to strengthen its international competitiveness and realize growth that preserves a balance of sustainability in the global environment and human society. Even to this day, the chemical industry has overcome various energy constraints and environmental restrictions, and expectations of the chemical industry will be great in the future as well in order to realize a sustainable society. In this regard, by way of technological innovation over the entire life cycle of the product encompassing product design, raw material selection, manufacturing methods, usage methods, and recycling, etc., the chemical industry’s mission is to evolve chemical technologies, that is to say GSC technologies, that ensure the health and safety of humans and the environment, and resource and energy conservation, etc., and through this, achieve industry growth as well as answer the demands of society and contribute to the development of society. In this regard, the objectives of this study are to place GSC as a national strategic theme and prepare a map with the targets of (1) strengthening industry competitiveness, (2) creating new industries, and (3) a safe and secure society. This fiscal year, the study of the previous year was employed as base material and the content was appropriately updated in a rolling fashion, while quantifiability was added as an evaluation method. Further, technology themes deemed to be of particular importance were extracted and evaluations were conducted in greater detail. The study was broadly divided and carried out through investigations by a strategy working group and this committee, with the former investigating the strategic directions of the chemical industry and the country, and the latter responsible for extracting and evaluating promising chemical technologies. The findings of the strategy working group are compiled in I. Systematization of Sustainable Technology Surrounding the Japanese Chemical Industry, and Building an Industry Model and II. Investigation of a Future Vision Through to 2050 and Building a Predictive Model. A future vision for the chemical industry was initially investigated. In terms of content, the views of the chemical industry regarding last fiscal year’s roadmap were sought. Moreover, based on a comparison of the chemical industry and the steel industry, which are both materials industries, strategic targets (exits) were set for GSC from the perspectives of both process (process innovation) and product (material innovation) in terms of improving energy efficiency (energy conservation, CO2 reduction), improving resource productivity (effective utilization of resources), and environment load reduction
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る