成果報告書詳細
管理番号20090000000560
タイトル平成20年度成果報告書 研究協力事業 自然浄化能力を活用した土壌汚染対策技術の開発
公開日2009/12/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名清水建設株式会社
プロジェクト番号P93048
部署名環境技術開発部
和文要約タイ等東アジア地域において、急速な経済発展にともなう土壌・地下水汚染問題は徐々に顕在化してきており、汚染の拡散を防止する取り組みが必要な段階にさしかかりつつある。本研究開発では、平成20-21年度の2年間にわたり、タイ中央部ナコンラチャシマ県パクチョン地区の油汚染土壌現場を対象として、熱帯モンスーン気候の優れた自然浄化能力を活用した汚染土壌浄化技術の現場試験を実施した。浄化に有用な微生物、植物などの種類・役割を明らかにし、現地における土壌汚染の対策事業に繋げることを目指した。得られた結果は以下の通りである。
・ 表層ガス、土壌調査を実施し、7地点で土壌ガスの高い地点を特定し、土壌調査を実施した。全ての地点でタイの土壌基準を下回ったが、数点で日本の土壌基準を上回った。
・ 2007年12月-2009年1月に、調査で確認した汚染土壌を対象に、植物浄化試験を実施した。植栽試験区は4カ所に分割し、ベティバグラス、植生調査で確認した植物(ギンネム、アカシアマンギウム、ネピアグラス、ギニアグラス)、植栽種(ヒマワリ、ナンヨウアブラギリ)を植栽した。各植物は旺盛な成長を示した。
・ 汚染物質は時間の経過とともに順調に濃度が減少し、約半年で汚染浄化が完了した。植物は微生物活性を高める働きがある。日本に比べ、土壌中微生物活性の高いことが示された。
・ 現場の土壌汚染リスクアセスメントを実施し、リスクが小さいことを確認した
・ タイでの土壌汚染の潜在ニーズを確認するために、タイの工業統計の解析を進めた。タイがアジアの生産基地として機能が高く、その結果、土壌・地下水汚染リスクも高いことが明らかとなった。
・ 汚染土壌浄化技術のコストスタディから、汚染土壌浄化措置においては、原位置ファイトレメディエーションが最も低コスト(150バーツ/m3)であると試算された。ただし、汚染深度が浄化植物の根の到達深度より深い場合は適用不可であるため、その場合他工法を適用する必要がある。例えば、地下水が汚染された現場でバリア井戸を設置し、くみ上げた地下水をファイトレメディエーションヤードの土壌中に散布する方法が考えられる。
・ 掘削除去を前提とした場合、掘削土を外部で適正処分する(3000バーツ/m3)のに比べて、現場内において、ファイトレメディエーション法により浄化する方(900バーツ/m3)が、1/3程度と格段に低コストであると試算された。

以上の結果より、今後の検討課題も残されているものの、適切な汚染調査に基づき、植物浄化技術(ファイトレメディエーション)を導入することは、タイのような熱帯・亜熱帯地域で、有望な土壌汚染浄化方法であることを示せた。
 2008年5月にはタイ政府主催の披露セレモニー、2009年1月の技術セミナーにより、汚染土壌の対策技術に関する移転にも務めた。今後は、本事業で得られた知見をタイにとどまらず、アジア地域への普及を目指して努力する所存である。
英文要約This study aims to proceed the joint research work about the remediation technologies of contaminated soil and groundwater suitable for Southeast Asian region. To reduce the environmental risk of soil and groundwater pollution, the most important and most effective method is to find out and to remove the hot spot, which is the most polluted portion, with the detailed and well planned site survey. Recently, phytoremediation technology which uses green plants and their purification ability with detailed monitoring is also performed, because positive remediation of the contaminated groundwater is recently recognized to consume enormous time and fund. In this study, phytoremediation technology using specific Thai plants was investigated at Pak Chong, Nakornrachasrima, Thailand. The site was contaminated by mainly leaked oil from drum cans. These are the research results;
1) From the site survey including surface gas monitoring, contaminants analysis in soil, trace contaminants were found from 7 points and subsurface soil was investigated that oil content in the soil was below the standard of Thailand at all the sampled points, but that exceeded the soil contamination standard of Japan at several points. Survey technology of contamination soil was transferred to the Thailand government.
2) A vegetation and remediation test was conducted at the site for one year. Plants like horse tamarind (Kratin Thai), acacia mangium, napierglass, Guinea glass, sunflower, physic nuts, and vetiverglass were planted at the specific field (10m x 40m) made at the site. Contaminants were treated within about half year.
3) Soil analysis of the microorganism species was carried out for investigating microbial activity enhancement by phytoremediation or bioremediation. The number of microorganism at the vegetated plots is increasing in comparison with the unvegetated plot or bioremediation plot.
4) From the risk analysis of soil contamination at the site, the risk of the contaminants is small for the human surrounding the site.
5) From the analysis of industrial statistics of Thailand, soil contamination risk in Thailand is increasing due to the economic development.
6) Phytoremediation is the cheapest method for the soil remediation compared with the other traditional methods from the cost study. It is limited; however, that phytoremediation can be adopted in the root zone. For the deep contamination, it must be treated with the other method like pump and treat.
7) For the treatment of the excavated oil contaminated soil in situ, phytoremediation can treat the contaminated soil about 1/3 in cost compared with the method of excavation and transport to the landfill.

 From these results, it is proved that phytoremediation is one of the most suitable and cost effective remediation technologies for Asian region like Thailand.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る