成果報告書詳細
管理番号20090000000662
タイトル*平成20年度中間年報 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 水素製造機器要素技術に関する研究開発 水素製造装置の高性能化・低コスト化・コンパクト化に関する研究開発
公開日2009/12/29
報告書年度2008 - 2008
委託先名三菱化工機株式会社
プロジェクト番号P08003
部署名燃料電池・水素技術開発部 水素グループ
和文要約以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 1.1 研究開発の概要 本研究開発では、FCV普及初期(2015年頃を想定)での事業化に対応した実用的な水素ステーション用水素製造装置に要求される性能、仕様をユーザの視点から調査、検討し、その結果により水素製造装置の目標を明確にするとともに、改質器と水素PSAの高効率化開発を軸とした、研究開発を行い、22年度に試作装置による検証運転を実施するものである。
英文要約Title : Development of Technologies for Hydrogen Production, Delivery, and Storage Systems. Development of High Efficiency, Low Cost and Small Hydrogen Production Equipment (FY2008-FY2010) FY2008 Annual Report
High efficiency, low-cost and small footprint hydrogen production equipment will be developed in this project during FY2008-FY2010. The aim of this development is to establish comprehensive practical system technologies for the hydrogen supply infrastructure market, which is expected to be launched and disseminated around 2015. We researched the optimum capacity of hydrogen generation, foot print, and optimum operation condition of hydrogen production equipment. We are planning to get the efficiency of hydrogen production about 85%(HHV) under the condition of S/C 2.5 and PSA efficiency 85%. We are studying
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る