成果報告書詳細
管理番号20090000000731
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B41201c 環境対応型機能性エンジニアードウッドと性能評価システムの開発 平成20年度中間
公開日2009/12/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人京都大学村田功二
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約炭素固定能力にすぐれる早生植林材を利用した環境対応型単板積層材(LVL)の物性を評価した。またその強度発現のメカニズムを検討した。さらに曲げたわみ分布曲線から、ヤング率だけでなくせん断弾性率も評価することで、新しいグレーディング方法を検討した。またキトサン接着剤の利用も検討した。
LVLとして目標とした曲げ破壊強度77MPaはおおよそ達成できた。しかし交互積層が強度に与える影響を評価することはできなかった。あたらしいグレーディング方法の開発については、レーザー変位計を利用した簡便な2次元計測装置を検討し、設計を行った。またキトサン接着剤の新たな用途展開として集成材への応用の検討を始めた。
英文要約 The mechanical properties of environment-friendly laminated veneer lumber (LVL) made from fast growing trees were tested; this lumber is highly efficient in fixing carbon dioxide. and the effect of the combination on its strength was discussed. A new grading technique to evaluate both Young's modulus and shear modulus of the LVL was developed on the basis of a deflection curve plotted using the results of a bending test. In addition, a natural adhesive made from Chitosan was applied to glue a new wood-based material.
A target bending strength of 77 MPa was achieved; however, the effect of lamination could not be explained. A simple two-dimensional measurement system with a laser displacement meter was employed in the new grading technique. Next, we plan to make glulam using the chitosan adhesive.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る