成果報告書詳細
管理番号20090000000741
タイトル平成20年度成果報告書 宇宙分野における技術戦略マップのローリングに関する調査
公開日2009/12/29
報告書年度2008 - 2008
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号
部署名機械システム技術開発部
和文要約本調査研究では、我が国の宇宙産業における重要技術の絞り込み等を通じ、重点的な研究開発を実施することで、国際競争力強化、将来の宇宙産業の発展を目標とし、2008年3月に改訂した「宇宙分野における技術戦略マップ2008」について、国内外の最新の技術動向調査等を実施しつつ、産学官からなる意見交換の場を設置し、技術戦略マップのローリングを実施した。ローリングの方針としては、2008年の宇宙基本法の成立を受け、技術の整理体系化を行った。  導入シナリオについては、上記を踏まえ、および宇宙基本計画の基本的な方向性について(2008年12月宇宙戦略本部発表)での整理に基づき、研究開発の取組み構成の組み替えを行った。  技術マップおよびロードマップについては、重要技術の選定を従来評価項目に加え、宇宙基本計画の方向性との適用で整理した。衛星基盤技術では、多様なミッションに対応するための周回衛星バス小型化、軽量化、高度化技術を追加した。地球観測分野では、光学センサを分解能・観測幅の分類で再整理、熱赤外センサを追加した。静止高度からの大気観測、マイクロ波サウンダ等を追加し、日本が行うべきセンサ要素技術を追加した。通信放送・測位分野では、安全保障分野での利用を念頭におき、通信秘匿技術、堅牢性向上技術を追加した。ロケット・輸送系分野では次世代の輸送系に対応するための運用高度化技術の追加、デブリ対策の重要性から再突入安全化技術、ポストブーストステージの重点化、射場関連の技術開発の重要性から宇宙ベース管制技術の重点化、ハイブリッドロケットエンジン、移動式発射機技術、作業期間短縮化技術の追加を行った。産業振興、データ利活用促進のために衛星データ利用促進に繋がる分野を新設した。宇宙環境利用、宇宙科学、月・惑星探査、有人宇宙分野では、国際情勢を踏まえた最新の計画に基づき、全体的な構成の見直しを行った。そして、最新の状況、計画に併せて、ミッションマイルストーン、技術ロードマップを更新した。
英文要約In this study, the Strategic Technology Roadmap in the space field was revised in March 2008 in line with the latest domestic and international technology trend and exchanges of views among industry, academia and government, with a goal of strengthening of international competitiveness and developing the future space industry through focusing on key technologies of the industry in Japan. These technologies organized in accordance with the Basic Space Law enacted in 2008. For scenario of dissemination, based on the above policies, the structure of research and development efforts were changed in line with the basic direction of basic space plan announced by the new Strategic Headquarters for Space Policy in December 2008. For Technology Map and Roadmap, the selection of key technologies was added to existing assessments, and it organized in line with the basic direction of basic space plan. As for fundamental satellite technologies, the downsizing, lightening and upgrading of orbit satellite bus were added in order to respond to various missions. As for earth observation, the optical sensor was reclassified by resolution and swath width and the thermal infrared sensor was added. The Atmosphere observation at geostationary altitude, Microwave Sounding Unit and etc. were also added as the element technology which Japan should achieve. As for satellite communications, broadcasting and satellite positioning, based on application in the area of security, confidentiality, robust were added. In the area of rocket and space transportation, operation upgrading technologies for the next generation transportation was added. Re-entory and post boost stage were focused in terms of the space debris importance. The space based control technologies were focused and the hybrid rocket engine, mobile launcher technologies, work period shortening were also added in terms of the launch site related technologies importance. The new field leading to promote satellite data utilization was created in order to promote industrial development and data utilization. In the areas of space environment utilization, space science, lunar and planetary exploration and manned space, based on the latest plan in consideration of international status, the overall structure was reviewed. The Mission Milestone and the Technology Roadmap were revised in accordance with the latest situation and plan.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る