成果報告書詳細
管理番号20090000000742
タイトル平成20年度成果報告書 次世代ロボット分野における国内外技術動向調査と技術戦略マップのローリング
公開日2009/12/8
報告書年度2008 - 2008
委託先名三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
プロジェクト番号
部署名機械システム技術開発部
和文要約我が国が今後もロボット分野での競争力を維持し、サービスロボットを中心とした次世代ロボット産業を発展させるためには、技術競争だけでなく規格競争にいかに勝ち抜くかという国際的な共通基盤づくりに関する戦略も念頭に置いておく必要がある。 本調査では、以上のような問題意識のもと、ロボット技術に関する国内外の技術開発および国際標準化などその普及に向けた政策・戦略(共同開発体制の構築、技術の国際規格・安全等のルールづくり)等を調査し、我が国と海外を比較した上で、我が国の今後のロボット政策の方向性を提案した。また、「生活支援」分野において必要となるRTを中心に技術戦略マップの見直しを行うと共に、同分野における新規プロジェクトの草案を策定した。 調査の結果、欧州では、産学官の連携ネットワークが研究の優先順位の設定や教育・普及に成果を上げきており、欧州のネットワークのキーパーソンが米国の大学に転出したことにより、米国でも同様の取組が進められていることが分かった。一方、韓国では、政府組織の再編により、事業化を見据えた研究開発が重視されるようになり、ロボット特別法に基づき今後ロボットを新成長エンジンとするための基盤整備が進められることとなっている。 ロボットの安全性に関する海外の考え方と対応をみると、ドイツでは、“完全に安全な製品は存在しない”との社会の共通認識があり、メーカーは、ユーザーが受け入れられるレベルまで出来る限り安全性リスクを減らし、その上で、どれだけのリスクが残っているかを試験・測定するリスクアセスメントを繰り返し、最終的に製品を市場に出す際、どの程度のリスクが残っているかを明示することが義務付けられている。 同時に、欧州では、サービスロボットの開発・実用化で先行している日本を意識し、人間と共生・協働できるロボットおよびその安全性確保技術の開発や普及を目指す大規模なプロジェクトが複数進行しており、デンマークでは、日本で開発されたロボットの実証試験・開発を中心とした人間支援型テクノロジーの開発拠点の構築が進められている。 実証試験には韓国も熱心であり、韓国内外で取組が進められている他、国内に大規模な実証試験の場の整備が進められている。 ロボットの安全規格の国際標準化に関する動向をみると、ISOにおいて医療分野以外のサービスロボットの安全規格が2011年夏までの発行予定で現在審議中であり、医療分野については2013年の規格発行が目指されている。 国際標準化を欧州は、市場を獲得する方法の一つと捉えており、国際標準化会議にメーカーが社員を積極的に派遣している。韓国も、国際標準化を市場の拡大と利益の獲得につながるとして重視しており、ロボット技術の標準化専門の団体を組織し、国際標準化会議に多数の人員を派遣している。 一方、日本は、主導権を存分に発揮できるはずのサービスロボットの安全規格の策定においても、安全性や標準に関する知見や技術データでは勝っていても、会議での立ち回りや外交交渉で立ち後れている感が否めない。外交交渉に長けた他国と協調しつつ日本に利のある規格を策定していくためには、活動の強化が必要である。 提案では、ベースとして100%の絶対安全は存在しないことを国民・社会に啓発する活動を地道に続けていくことと、具体的な方策として、a)サービスロボットの安全規格の策定とその国際標準化、そのための人材育成と国際標準化活動の支援強化、b)サービスロボットの実証試験の促進、c)サービスロボットの保険制度の構築の3つを提案した。
英文要約In this study, government policies and strategies of Europe, Korea and the U.S. for robot technologies development and international standardization especially regarding safety requirements were studied and compared with those of Japan. As a consequence, proposals are made, Japan’s RT roadmap was revised, and a draft for the new project was prepared. Overseas and domestic interviews and document studies have found that Europe has succeeded in deciding research priorities, education and diffusion of technical knowledge by formulating networks which consist of universities, research institutes and private enterprises of allover Europe. For the keyperson of a European network has moved to the U.S., the similar network is under development in the U.S. In Korea, after the reorganization of the government, an emphasis is now put not only on research but also on business development, and under the special law the infrastructure will be developed in order to make robots a new growth engine. As for the safety issues of robots, in Germany the public understands the perfect safety is nonexistent. Manufacturers reduce the risk to the level which users can accept, and then repeatedly assess the remaining risk. When the enterprises market products, they must specify the level of remaining risk. Europe is promoting big projects for developing technologies to ensure safety and testbeds of robots. Korea is also keen on constructing testbeds. In regards to the international standardization for safety requirements of robots, the ISO committee (ISO/TC184/SC2) is developing a safety standard for non-medical personal care robots, and it is planned to be published by the summer of 2011. As for medical personal care robots, the standard is expected to be published in 2013. Europe regards international standardization as a mean to gain a market share, and manufacturers are willing to provide delegates or experts to the meetings of standardization organizations. Korea also, seeing that standardization opens up the market and increases a profit, values international standardization and has founded an organization solely for RT standardization. On the contrary, Japan, who has and should be able to lead the discussion of the development of a safety standard for non-medical personal care robots, falls behind in presenting its position through negotiating and cooperating with other countries. More governmental supports should be offered to develop standards from which Japan can gain profits. In conclusion, the report points out the importance of continuous promotion to the public that perfect safety does not exist, and proposes the following three measures for the development of service robots industy: a) development of a safety standard for service robots, training and supporting standardization activities; b) facilitation of testing and c) development of an insurance for service robots.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る