成果報告書詳細
管理番号20090000000950
タイトル平成20年度成果報告書 上野村地域省エネルギービジョン策定調査 【報告書】
公開日2009/12/29
報告書年度2008 - 2008
委託先名群馬県上野村
プロジェクト番号P98029
部署名エネルギー対策推進部 普及・啓発グループ
和文要約以下本編抜粋:私たちの生活は、便利なモノやサービスによって支えられていると考えます。そうしたモノやサービスを生み出すには、大量のエネルギーが必要となると思います。しかし、わが国のエネルギー自給率は僅か4%であり、大半は外国からの輸入です。更にほぼ全量輸入に頼っている石油については、約40年後には地球上になくなることが予想されております。エネルギー構造が脆弱なわが国、日本においては、特に「エネルギーセキュリティ問題」に対処していく必要があると考えます。 また、石油などの化石燃料を燃焼させることで二酸化炭素(CO2)が排出され、これは地球温暖化の要因となることは紛れもない事実です。このままで地球温暖化が進むと、地球の平均気温は2010年までに最大3.5度程度上昇すると予想されております。そのため、自然界の生態系が崩れ絶滅危惧されるような動植物等が増加することや、海面が上昇することにより沿岸の低地が水没することや、更には死亡率や伝染病の蔓延などの危険が予想させております。 こうした地球規模でのエネルギーや環境問題に取り組んでいくためには、省エネルギーの推進が不可欠であり、上野村ではこうした課題に自然環境豊かな源流域として取り組むべく「上野村地域省エネルギービジョン」を策定いたしました。村民の皆様と共に様々な環境にやさしい地域づくりを目指すという観点から、平成20年度の約1年間で調査や検討を重ね今回の策定に至りました。 今回策定いたしました省エネルギービジョンは、「エコから拡げる地域省エネルギーの意識・動き」-エコな暮らし、エコなビジネス、エコなイベント-を基本方針として、私たちの身近な生活や活動の中で、何ができるか、何をすべきかを村民の皆様と共に考えていくための方策について多く検討したものとなっております。 この省エネルギービジョンが、環境や省エネルギーに対して意志を持って行動する村民の皆様の暮らし方の一つの道しるべとなれば大変幸いです。また、村として地域の省エネルギーを推進していく上で、村民の皆様の模範となるよう、積極的な行動を展開していきたいと考えます。
英文要約
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る