成果報告書詳細
管理番号20090000000969
タイトル平成20年度成果報告書 隠岐の島町地域省エネルギービジョン 地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定等事業 【報告書】
公開日2009/12/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名島根県隠岐の島町
プロジェクト番号P98029
部署名エネルギー対策推進部 普及・啓発グループ
和文要約以下本編抜粋:現在の便利で豊かな私たちの社会は、石油等の化石燃料に依存した大量のエネルギー消費のもと成り立っています。しかし、このことはエネルギー資源の枯渇や地球温暖化を促進することにもつながり、地球レベルでの深刻な環境問題に進展して来ていることも事実であります。わが国では、平成1 7 年2 月に「京都議定書」が発効され、削減目標達成に向けて、様々な施策を展開しているところです。私たちの住む隠岐の島町は、豊かな自然に恵まれた島です。私たちは、隠岐の島町に住む一員として、この豊かな自然を守り、より良い環境を次世代に引き継がなければなりません。そのために、石油やガス・電気などのエネルギーを消費する私たちの日常生活が地球温暖化と密接に関わりのあることを認め、一人ひとりが地球温暖化防止のためにできることから取り組むことが重要です。このような認識のもと隠岐の島町では、平成1 8 年度に「隠岐の島町地域新エネルギービジョン」を、更に平成1 9 年度には「木質バイオマス重点ビジョン」を策定し、エネルギー問題や地球温暖化防止への対応を進めています。今回、これからの世代が快適な暮らしを継続できる脱温暖化社会を形成していくため、学識経験者・町民・事業者・エネルギー供給者・行政機関各関係者で構成する「隠岐の島町地域省エネルギービジョン策定委員会」で検討し、各家庭・事業所や地域での隠岐の島町全域の省エネルギー対策、地球温暖化防止に向けた取り組みや目標を示す「隠岐の島町地域省エネルギービジョン」を策定いたしました。今後は、このビジョンに基づき町民、事業者、行政が相互に連携、協働しながら、「エコOK-I ランド」を目指し取り組んでまいりますので、皆様には、より一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。結びに、本ビジョンの策定にあたり、熱心な論議をいただきました島根大学生物資源科学部の巣山弘介准教授をはじめとした1 2 名の策定委員及びオブザーバーの皆様、並びにアンケート調査等にご協力いただきました町民・事業者の皆様に対しまして心から敬意を表し、深く感謝申し上げます。
英文要約
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る