成果報告書詳細
管理番号20090000000976
タイトル平成20年度成果報告書 みんなで広げよう省エネルギーの環 平成20年度 遠賀町省エネルギービジョン 【報告書】
公開日2009/12/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名福岡県遠賀町
プロジェクト番号P98029
部署名エネルギー対策推進部 普及・啓発グループ
和文要約以下本編抜粋:遠賀町では、第4次遠賀町総合計画後期基本計画の施策の大綱に、「安全と快適性をもたらす生活環境の整備」を掲げ、環境への配慮に取り組んでいます。 現在、地球温暖化は、世界的に深刻な環境問題となっており、積極的な対応を図ることが緊急な課題となっています。 日本は、石油ショックを契機に、エネルギーの使用合理化に関する法律「省エネルギー法」を制定するとともに、省エネルギー対策を進めてきました。その結果、過去30年間でエネルギー消費効率を約37%改善し、世界でも最も効率的にエネルギーを使用している国となっています。しかし、エネルギー消費量は急速な増加傾向にあり、とくに業務・家庭部門を含む民生部門の消費量の伸びが大きくなっています。また、2006年4月には改正省エネルギー法が施行され、新たに物流部門の省エネルギーについても拡大・強化されました。 このような状況の中、「京都議定書目標達成計画」には、自治体として担っていくべき役割として、地域の特性に応じた対策の実施、率先した取組の実施、地域住民への情報提供と活動推進などがあげられています。本ビジョンの策定は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成20年度「地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定等事業」の補助により実施しました。このビジョンの中で、遠賀町全域におけるエネルギー消費構造を調査し、住民・事業者・行政それぞれが取り組むことができる省エネルギー施策の検討や、エネルギー消費量削減の目標値の設定を行いました。
英文要約
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る