成果報告書詳細
管理番号20090000001045
タイトル*平成20年度中間年報 「国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 セメント排熱回収発電設備モデル事業(インドネシア)」
公開日2009/12/21
報告書年度2008 - 2008
委託先名JFEエンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約以下本編抜粋:1. 実証事業の内容及び成果等 (1) 現地調査の実施 実施サイトの事前詳細調査を実施した。その結果として、当該事業実施に支障が無い事を確認した。また、調査の結果として当該事業設備の概要を下記の通り設定した。 対象設備: セメント排熱回収発電設備一式 サイト企業: セメンパダン社(PT. Semen Padang) サイト企業所在地: インドネシア国西スマトラ州パダン市インダルン
英文要約The following activities has been carried out in fiscal year Heisei 20. (1) Detailed Investigation The detailed investigation of the implementation site has been carried out and the no problems has been found for the implementation of the project (2) Engineering and Design of the Project The engineering and designing of the Project started right after the signing of Minutes of Understanding (MOU) ・Designing the detailed project schedule (27 months time from January 2009) ・Designing the arrangement of Project equipment ・Planning of the piping route ・Planning of duct arrangement ・Planning and Designing of electrical system ・Producing the equipment list of major equipment ・Designing of boilers (3) Writing up the Project Design Document for CDM scheme application and host countries’ government approval application ・Application of small scale CDM project ・Application of Version 2 of AMS-III.Q for methodology in conjunction   with version 03.1 of ACM0012 Consolidated baseline methodology for GHG em ission reductions from waste energy recovery projects and version 13 of A MS-I.D. Grid connected renewable electricity generation
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る