成果報告書詳細
管理番号20090000001060
タイトル平成18年度-平成19年度成果報告書 エネルギー使用合理化技術戦略的開発 エネルギー使用合理化技術実用化開発 渋滞改善統合信号機制御方式の研究開発
公開日2009/12/21
報告書年度2006 - 2007
委託先名日産自動車株式会社
プロジェクト番号P03033
部署名省エネルギー技術開発部 研究開発グループ
和文要約日本でのエネルギー消費の中で影響の大きい自動車交通において、渋滞による非効率なエネルギー消費を削減するために交差点での通行を効率的に制御し、交差点の通行量を増大させる統合信号機制御方式を開発する。開発する統合信号機制御方式は、渋滞内の平均走行速度を10km/h向上させることを目的とし、その結果として、渋滞地域1箇所での省エネルギー効果量313kl/年を目標とする。平成18年度に実際の渋滞ポイントを題材として、交通流シミュレーションを用いた統合信号機制御のシステム仕様の検討、平成19年度にシステム仕様に基づいた統合信号機制御システム開発、実機での効果検証を実施した。平成18年度にシミュレーションにより検討した右折車による車線閉塞を原因とした渋滞に対応する統合信号機制御システムのシステム開発(信号制御及び車載機開発)は終了し、実機の設備を導入した。構築したシステムの機能確認及び実交通における効果影響について、実機を用いて効果検証を実施した。本システムの先進性を高めるため、統合信号機制御において、交通量(自車線、対向車線)及び自車線の右折車率を変化させ、各々の状況における右折台数判定/渋滞判定のパラメータの感度分析を実施し、実道路への適用性を向上させた。
英文要約Within automobile traffic which accounts for a large percentage of energy consumption in Japan, in order to reduce inefficient energy consumption at intersections due to congestion, we will develop an integrated traffic signal control method that smoothes the traffic at intersections by efficiently controlling the traffic at intersections. By developing the integrated traffic signal control method, we aim to improve 10km/h of the average vehicle speed during congestion and the final goal of the quantity for energy-saving effect per one congestion region will be 313kl/year. In fiscal 2006, setting the real congestion point as a theme, we reviewed the system specifications for the integrated traffic signal control by attempting a flow simulation. In fiscal 2007, we developed an integrated traffic signal control system based on the system specifications and verified the effect by using real equipments. Concretely, we first developed the traffic signal control system (traffic signal control and on-board device development),which was verified by the simulation done in fiscal 2006, and then started to use real equipments corresponding to congestion due to lane blockade caused by right turn vehicles. Next, we implemented an effect verification test using real equipments to prove the function of the built system and also to see the effect on real traffic. Finally in order to advance this system, by using integrated traffic signal control, we changed the traffic volume (progressing lane, on-coming lane)and the percentage of the number of right turn vehicles on the progressing lane. Then we analyzed the parameter sensitivity for judging the number of right turn vehicles or the scale of congestion at various conditions and improved the applicability of the system on real roads.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る