成果報告書詳細
管理番号20090000001088
タイトル平成17年度-平成19年度成果報告書 エネルギー使用合理化技術戦略的開発/エネルギー使用合理化技術実用化開発/業務用建物における省エネルギー・環境負荷低減のためのエリア・エネルギー・マネジメント・システムに関する研究開発
公開日2009/12/21
報告書年度2007 - 2009
委託先名東洋熱工業株式会社
プロジェクト番号P03033
部署名省エネルギー技術開発部 研究開発グループ
和文要約地球温暖化問題や京都議定書目標達成に向けた取組みの中で、産業部門と運輸部門では、エネルギー消費の増加抑制を維持する努力が為されているが、民生部門、特にオフィスビルを主とした業務用途の建物では延床面積増加に伴い、エネルギー消費が増加傾向で、抜本的な対策が必須の状況である。この業務用途建物で消費される全体エネルギーの約50%が空調設備であり、空調設備機器の適正運転にBEMS(Building and Energy Management System)を活用した管理が重要となるが、延床面積として圧倒的な比率を占める既設の中小規模ビルではBEMS導入が普及していない。 ビルのスケールメリットが小さいBEMS導入コストの問題、BEMS導入後のデータに基づく運転管理ができる技術者が少ない、建物全てにBEMSと技術者を配することは無理、などが原因である。そこでBEMS機能を集約した標準システムを開発することでこの原因の解決し、ある程度の知識を持つ技術者でも、既設中小規模建物も含めた多数の建物に省エネルギーの普及展開が可能として、業務部門のエネルギー消費抑制を目的とする。一品生産である建築物に対して、BEMSの重要な計測診断機能をどこまで標準化が図れるかが、開発の難しさとなる。 本研究開発であるエリアエネルギーマネジメントシステム(AEMS)は、空調設備に特化したBEMSの計測診断機能を標準化システムとして開発するものであり、当初の目的であるシステム開発とコスト低減を達成した。AEMSの要素技術として、空調設備の省エネルギー実現に対する実態把握から不具合改善のデータに基づく診断技術の効率化と、既設建物における仮設計測の簡易化が、重要な課題となる。 この課題を解決するために、診断技術の効率化に対しては、空調設備の省エネルギー診断に関する専門知識をデータベース化するともに、技術者のデータ分析手法をプログラム化することで診断の自動化を実現し、ある程度の空調技術者であれば専門家と同レベルの診断が可能となった。また、仮設計測の簡易化に対しては、空調設備の運転状態を把握するために必要な計測項目を限定し、計測データ収集から診断機能への伝送も含めた標準化を図ることで、コスト低減と施設工数の削減を実現し、計測の専門技術がなくとも簡単に計測システム構築が可能となった。 この研究開発の最終目標は、空調設備の専門知識データベースによる省エネルギー診断を自動化した「診断システム」の開発と、仮設計測を主とした「計測システム」の開発、そして計測システムと診断システムを結ぶ「支援システム」の開発の、3つの標準化システムをAEMSとして開発を行い、計測診断業務全体のコスト(工数)の50%低減を目標とした。この目標値は、仮設計測の簡易化によるシステム構築費用の低減と、診断の自動化と効率化よる診断費用の低減で実現する。
英文要約During the course of an address the global warming issue and achieve of the Kyoto Protocol goal, Japan’s final energy consumption has almost consistently increased except immediately. The consumption in the industrial sector has nearly leveled off, but the consumption in the commercial/residential sector has been steadily increasing. Transition of energy consumption in the commercial sector is still growing now, because the total amount of commercial floor space is increasing. About 50 % of the whole energy consumed at this non-residential building is consumed by HVAC systems. The management for which BEMS (Building and Energy Management System) was utilized becomes important to proper operating of this HVAC systems. But installation of BEMS isn't widely used at an existing small-to-medium-sized scale building which occupies the overwhelming ratio as the total floor area. This cause is the installation cost of BEMS, engineer's lack about the utilization of BEMS and, impossibility about installation of BEMS and deployment of BEMS engineer for all non-residential buildings. We have developed of the Area energy management system(AEMS)to solve these problems. The first development item of this AEMS is the system to concentrate the BEMS function in one point. This is necessary to make the BEMS function spread in many buildings including small-to-medium-sized scale building. The second development item of this AEMS is automatic diagnosis function using expert knowledge database. This is needed to diagnose many buildings by a little engineer. The 3rd development item of this AEMS is reduction in installation cost. It's necessary this development is to reduce the AEMS installation cost with the BEMS function from the general BEMS installation cost, and for the spread to develop widely. We achieved a goal of 50% reduction about diagnosis work rate and 10% reduction of energy consumption at any trial non-residential buildings by this AEMS development.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る