成果報告書詳細
管理番号20090000001116
タイトル*平成19年度中間年報 バイオマス等未活用エネルギー実証試験 バイオマス等未活用エネルギー実証試験 キッコーマン株式会社野田工場におけるバイオガス利用高効率コージェネレーションシステム実証試験事業
公開日2009/12/5
報告書年度2007 - 2007
委託先名キッコーマン株式会社
プロジェクト番号P02057
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約以下本編抜粋:1. 共同研究の内容及び成果等 キッコーマン株式会社は、千葉県野田市に主力「醤油生産工場」を有し、その生産の副産物として醤油粕が年間約12,000t 以上発生している。この醤油粕を飼料用として販売する中で、余剰となった醤油粕によるバイオマス発生のメタンガス生産に注目し、バイオマスの有効利用を検討してきた。建設費用が高いなど経済的な問題点を除けば、技術的には十分に利用可能なメタンガスを発生させる事が可能である事が研究開発により判明してきた。以上の経過の中で、本格的なプラント建設を目的とした実証試験に取組む事となった。塩分濃度が5%程度と高い醤油粕を高効率でメタン発酵させる技術を確立し、得られたバイオガスを主燃料として利用したガスエンジン・コージェネレーションおよびガスボイラを用いて、バイオマスエネルギーを電力並びに温熱(蒸気、温水)に変換し、実証設備運転エネルギーあるいは工場内のプロセス系で使用する。また、発生する温熱は、発酵残渣の乾燥処理にも使用し、「バイオマスエネルギー利用施設」系全体のエネルギー効率向上を図るものである。平成19年度は、平成18年度に引き続き連続運転の安定化ならびに運転データの収集、および、高濃度排水を用いた運転を行った。以下にその詳細を示す。また、試験装置概要等については平成18年度成果報告書をご参照願えれば幸いである。
英文要約Title: Field Test of the Biogas Usage to High Efficiency Co-generation System in KIKKOMAN Corporation Noda Factory. The quantity of production of soy sauce in KIKKOMAN Corporation Noda factory is 175,000KL/year. As the by-product of the production "soy sauce cake" is approximately 15,000ton per year. We have considered effective usage of the surplus "soy sauce cake" from focusing of methane fermentation. By the feasibility study and experiment, it became clear that it is possible to generate the methane from methane fermentation of "soy sauce cake" which can be used, if ecumenical issues, for example high construction costs, are expected. In the above progress, a field test at full-scale plant construction is started for correcting the data of commercial plant. This field test aims to establish the efficient technology which it is methane fermentation of "soy sauce cake" with as high salt concentration as approximately 5% is carried out and rise energy efficiency of the whole system.  The Heisei 19 fiscal year, the field test plant was operated, continue to the Heisei 18 fiscal year, at different conditions last year, and the following data was collected. ・Approximately 450m3 of the biogas was obtained from soy sauce Cake 1 ton that were diluted at high load waste water 1 ton and fresh water 12 ton. By a continuous examination, a fall the quantity of biogas outbreak per unit CODCr and a rise of the organic acid density of methane fermentation liquid were watched. ・Some modifications were added to the field test plant for stable operation. For example, to take measures to cope with the situation that was jams of the over-flow line of the methane fermentation tank, reverse flow line was installed in the over-flow line and agitation flow was added in the bottom of the methane fermentation tank.  ・The boiler which was installed in the test plant was operated for 232 days and generated steam156,605.1 kg. ・The co-generation system which was installed in the test plant was operated for 262 days and generated electricity 69,283Kwh.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る