成果報告書詳細
管理番号20090000000764
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A27001d 外乱下においてサブ原子層レベルの感度を有する次世代QCMの開発 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人東北大学安部隆
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約ユーザの利用を考慮した周辺技術の開発とQCMセンサの性能向上や生産性を考慮した改良を行なった。1) 新QCMについて、微細加工せずに同一基板に集積化する電極形状、配置の最適化を行なった。2) 流路中でQCMセンサのクリーニングと生体試料の固定を行なうことができる技術を開発した。3) ガウス分布的な厚さ分布を有する振動子を作製しさらなる振動特性の向上に成功した。
英文要約We developed the following technologies.1) The electrode configuration was optimized for new QCM array. 2) Cleaning and surface modification techniques for the new QCM were developed.3) A Gaussian-shaped quartz-crystal resonator was developed and the resonator shows superior resonant characteristics.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る