成果報告書詳細
管理番号20090000000769
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A07018a 腫瘍の転移に関わるニッシェを標的化した新規低侵襲性ガン診断・治療法の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人名古屋大学小野健治
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約 SST-REX法により未分化骨髄細胞の膜分子を発現させた細胞株を用いて、C57BL/6マウスに移植を行い肺へ移行する細胞群を回収した。この細胞株は培養下で増殖させる事ができるため、増殖後再び移植を行い移植と増幅の操作を3度行い、肺へ配向性が高い細胞集団を得た。この細胞集団のシークエンスを読み、肺移行に関連する候補分子を得た。現在、この分子に対する抗体作製と他分子が得られないかの検証を行っている。一方、評価系として用いる肺がんモデル系の最適化を行うため、LLC(Lewis lung carcinoma)細胞をC57BL/6マウスや骨髄移植後マウスの肺に直接注入するモデルや皮下に注入する転移モデルを作製し、骨髄細胞と肺ガン細胞の動態やその可視化に関する検討を行った。骨髄移植群では、腫瘍の増大が非移植群に比べて早期に起こる事が検証できた。また、細胞外マトリックスのリモデリングに関わる酵素活性やレポーターの強制発現系を組み合わせる事でMRIや光イメージングで生体観察する事ができた。細胞の活性化を光制御するためにChR2を発現した骨髄細胞やガン細胞を作製した。効率の良い導入方法や機能解析について現在検討している。
英文要約Ba/F3-GFP cells, which expressed membrane molecules of immature bone marrow cells by SST-REX, were transplanted into C57BL/6 mice, and Ba/F3-GFP cells, which had a greater affinity for lung than other tissues, were collected. As candidate molecules for migration into lung were acquired, antibodies against candidate molecules are made. For the optimization of the lung cancer model and the metastatic model, LLC (Lewis lung carcinoma) cells were injected in control mice and mice after bone marrow transplantation (BMT mice). The size of tumor was found to be significantly larger in BMT mice than that in control mice. In addition, bone marrow-derived cells and tumor cells, were visualized by MRI and optical imaging using several reporters and probes. To develop cell control system by lights, bone marrow cells and cancer cells were transferred ChR2-EYFP gene by electroporation. Characters of ChR2-EYFP expressing cells are analyzed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る