成果報告書詳細
管理番号20090000000775
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A26202c グリセリン誘導体を基幹ブロックとした高機能化学品生産プロセスの開発 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所羽部浩
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約1) グリセリンを原料としてスクリーニングを行った結果、中間目標である1バッチ当たり60 g/l以上のグリセリン酸を生産可能な微生物や、光学純度の高いD-グリセリン酸を生産する微生物の取得に成功した。2) グリセリン酸生産酵素遺伝子取得の第一段階として、Gluconobacter frateurii株のドラフトゲノムの解読を行い、候補遺伝子のリストアップを行った。3) 電気透析法と晶析法の併用により、グリセリン酸含有培養液から、短時間に簡便にグリセリン酸塩を分離、回収するプロセスを開発した。4) 熱重合によって、D-グリセリン酸とラクチドとの共重合により新規高分子を得ることに成功し、その基礎物性の評価を行った。
英文要約1) As a result of screening using glycerol as a feedstock, we obtained several microorganisms with the ability to produce more than 60 g/l of glyceric acid (GA) or enantiopure D-GA. 2) As a first step towards obtaining genes involved in the production of GA, draft genome sequence of Gluconobacter frateurii was performed. 3) We developed an effective and easy method for separation and recovery of GA salt from culture broth using both electrodialysis and crystallization. 4) We succeeded in synthesizing branched-type poly(lactic acid)s by polycondensation of lactide in the presence of GA as an initiator.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る