成果報告書詳細
管理番号20090000000822
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06B44017a テーラーメード型三次元複合組織の生体外構築を可能とする細胞積層化技術の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人大阪大学松崎典弥
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約これまでの知見より、本細胞積層化技術を用いることでマウスL929線維芽細胞やヒト初代線維芽細胞の積層化、また、ヒト血管平滑筋細胞と血管内皮細胞の積層化による血管組織の構築が可能であることを見出している。本年度は、生体内の他の組織への拡張を目指して筋・腸管・心筋・肝などの積層組織の構築に取り組んだ。全ての細胞において血管と同様に積層化することが可能であり、本手法が細胞種を問わず様々な細胞へ展開できることが見出された。また、血管内皮細胞層を層間に入れることで、血管網を有する三次元複合組織の構築に関する基礎知見も得られた。さらに、様々な初代細胞を線維芽細胞の上へ積層することで細胞の機能が向上し、生体に近い状態で初代細胞を培養できることが明らかとなった。培養皿上で培養する通常の培養方法では得られなかった機能の発現を確認しており、本細胞積層体が初代細胞の培養にも適していることが見出された。In vivoでの機能評価を目的として、筋モデル組織であるマウス筋芽細胞の積層組織をC3Hマウス皮下へ埋植し、積層組織の生体組織との結合や炎症性などを評価した。一週間後の組織切片観察より、積層組織は皮下組織と良好に結合しており埋植部位に炎症反応などは認められず、また、3層以上の積層数においても積層細胞の死滅は確認されなかった。以上より、積層組織は生体組織に対して安全であることが示唆された。本研究の成果を基に、連携企業と共に製品化について検討を重ねた結果、“細胞積層培養キットCellFeuille(セルフィーユ)の販売を2009年3月より開始することができた。以上より、本年度も順調に研究を遂行することができ、本研究の成果を前倒しで製品化することが可能であった。
英文要約From previous knowledge, three-dimensional (3D) layered tissue constructs such as fibroblast cells and blood vessel were successfully developed. In this year, we expand this technology for construction of muscle, intestine, heart, and liver tissue constructs. In all cases, the layered tissue constructs could be obtained using all kinds of cells used in this study, and this result suggested that our technology can apply for various tissue creations independent of cell type. Furthermore, the basic knowledge of fabrication of 3D-layered tissues containing blood vessel layers was obtained. In the case of biological experiment about primary cells, increment of their functionality was found on the layered tissues as compared to conventional cell culture method using culture dishes. This result revealed that primary cells can be cultured on the layered tissues at natural condition similar to a natural tissue.To evaluate in vivo functionality of the layered tissue constructs, skeletal muscle models composed of layered myoblast cells were implanted into dorsal subcutaneous tissues of C3H mice. After one week implantation, the implanted layered tissues showed good adhesion with mice subcutaneous tissues and necrosis or inflammation reaction was not observed. Furthermore, the layered tissues with over 3-layeres also survived without any necrosis after the implantation. These results suggested that 3D-layered tissues fabricated by our technique are safe and biocompatible for natural tissues in the body. Long-term implantation will be performed in the next year. Based on the outcome of this project, we discussed with collaborative company, and commercialization of the products about layered tissues, “CellFeuille”, was started from March 5, 2009. In this fiscal year, the research was performed beyond expectation, and some parts were concluded ahead of schedule. Furthermore, commercialization of products is one of the big fruition in this project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る