成果報告書詳細
管理番号20090000001032
タイトル平成20年度成果報告書 標準化調査研究事業 「風力発電システムの国内外標準化調査」
公開日2010/2/6
報告書年度2008 - 2008
委託先名社団法人日本電機工業会 株式会社風力エネルギー研究所
プロジェクト番号Q05017
部署名新エネルギー技術開発部 風力発電グループ
和文要約1.背景と目的 風力発電システムに関する国際規格は、IEC 61400のシリーズ番号が与えられており、これまでに14件(ISが9件,TSが3件,TRが1件と認証に関するWT01)が発行された。これらは、安価な量産形風車を全世界に普及させる効果をもたらしている。 また、グローバル化する市場の中で、風力発電システムも必然的にその評価・判定基準を要求されるようになってきている。日本国内でも風車設置台数の増加に合わせて、風車の特性を考慮に入れた強度計算・検討方法や試験機関、認証機関並びに認証制度を整備する必要性が増してきている。 本調査では、風力発電システムの本格的導入促進に寄与するため、客観的な評価・判定基準となる国内外の規格原案の作成検討を行った。また、認証制度の制度化検討及び将来の国際認証制度に対応した国内制度のあり方について調査を行った。 本調査研究を実施することによって、風力発電システムの円滑な導入に資することを目的に以下の調査を実施した。 2.調査内容 (1)評価・判定基準となる国内外の標準化原案作成検討 我が国における風力発電システムの認証制度を確立するために、評価・判定基準としての安全性、信頼性、性能評価、試験方法に関するJIS・TS・TRの原案作成及びIEC等国際標準化のための原案作成審議を行った。 2008年度は、以下の項目について集中的な審議を行い、国内外の規格原案を取り纏めた。成果の達成レベルを( )内に示す。 (a)JIS C 1400-1(安全要件)の見直し・検討(前年度のフォロー) (b)JIS C 1400-2(小形風車の安全基準)の見直し・検討(前年度のフォロー) (C)IEC 6 1400-3(洋上風車の設計要件)の国際規格原案(国際標準発行)並びに国内化原案作成 (d)JIS C 1400-11(騒音測定方法)の見直し・検討(前年度のフォロー) (e)JIS C 1400-12-1(発電用風車の性能計測方法)の見直し・検討(前年度のフォロー) (f)IEC  61400-21(電力品質特性の測定及び評価)の国際規格原案(国際標準発行) (g)IEC 61400-25S(監視制御用通信)の国際規格シリーズ原案(前年度のフォロー) (2)認証制度の制度化検討・将来課題調査 日本国内に認証制度を制度化する必要があるとの認識から、社会的に問題となっている台風等の強風に代表される風荷重に対する安全性を確認することを目的とした「簡易的」認証制度を発足させるため、2005-2007年度の風車認証評定委員会の検討結果を踏まえた評価検討を行った。 2008年度は、IEA Task27とTC88/MT2の合同作業会がスタートしており,この作業との連携を図ることで小形風車の消費者向けラベリング制度の国内向け適用可能性の検討を進めた。 IECにおける風車認証の国際的ルール(IEC WT01)の見直しが行われ,認証システムに関する指針としてIEC TS61400-22が最終投票案(88/332/DTS)として発行された。 風車の認証制度確立のためには,「緊急性」、「ニーズ」、「採算性」、「独立機関の準備」などの観点から、以下の課題について引き続き検討が必要である。 (a)ケーススタディの実績積み重ねの試み ・新エネルギー導入促進事業の採択事業者(地方自治体等)からのデータ活用 ・IEA 小形風車の消費者向けラベリング制度の国内向け適用可能性の検討 (b)評定に関した経済的インセンティブ又は義務化の検討 (C)日本型風力発電ガイドライン及び風力発電設備支持構造設計指針・同解説の利用 (d)業界全体のコンセンサスの形成(事業者への周知) (e)IEC/TC88/MT22(風車認証制度)への国内外対応
英文要約Investigation on Japanese national and international standardization and certification of wind turbine generator systems This investigation is intended to develop and review the Japanese national and international drafts for the standards, which provide objective assessment and evaluation criteria, in order to contribute to the full-fledged introduction of WTGS. Items for 2008 1. Preparing and reviewing Japanese national and international draft standards for WTGS assessment and evaluation criteria for the purpose of establishing WTGS certification scheme in Japan, a series of discussions was made to prepare draft standards of WTGS assessment and evaluation criteria including safety, reliability, performance evaluation, and testing methods for both Japanese national (JIS, TS and TR) and international (IEC) standardization. In fiscal year 2008, we intensively discussed the following item, and developed the Japanese national and international draft texts for the standards. Achievement level for each item is indicated in the parentheses at the end of each item. (1) Revision of JIS C 1400-1 (Design requirements) (follow-up to the previous year) (2) Revision of JIS C 1400-2 (Design requirements for small wind turbines) (follow-up to the previous year) (3) Draft text for the Japanese national standards harmonized with IEC 61400-3 (Design requirements for offshore wind turbines) (4) Amendment 1 to JIS C 1400-11 (Acoustic noise measurement techniques) (follow-up to the previous year) (5) Revision of JIS C 1400-12-1 (Power performance measurements of electricity producing wind turbines) (follow-up to the previous year) (6) International standards, IEC 61400-21 (Measurement and assessment of power quality characteristics of grid connected wind turbines) (published) 2. Discussion to establish certification scheme and investigation on future tasks (1) Accumulation of results of case studies - Utilization of data from implementation authorities (local government) of local new-energy introduction projects - Feasibility examination of Japanese national application of the labeling system for users of IEA small wind turbines. (2) Discussions on economic incentive or obligation for the rating (3) Utilization of the guidelines for wind turbine generator system sited in Japan, and the guidelines for mechanical structure design of wind turbine generator facilities and explanatory documents of them (4) Making consensus among the industry (well-known to utilities, IPPs and developers) - Discussion on specific permeation methods such as questionnaire, etc. (5) Responses to IEC/TC88/PT61400-22 (Wind turbine certification scheme) at national and international activities.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る