成果報告書詳細
管理番号20090000001126
タイトル平成20年度成果報告書 バイオマスエネルギー有効活用システム検討調査【報告書】
公開日2010/2/23
報告書年度2008 - 2008
委託先名石川県金沢市
プロジェクト番号P98029
部署名エネルギー対策推進部 普及・啓発グループ
和文要約以下本編抜粋:1 調査の背景
1.1 地球温暖化防止
地球の表面には窒素、酸素や二酸化炭素などの大気が取り巻いている。地球に届いた太陽光は地表での反射や輻射熱として最終的に宇宙に放出sれるが、大気により急激な気温の変化が緩和されている。大気休の二酸化炭素は0.03%とわずかであるが、地表面から放射される熱を吸収し、地表面に再放射することにより、地球の平均気温を15℃程度に保っている。この二酸化炭素のような画図は温室効果が図と呼ばれる。地球温暖化の仕組みを図1.1に示す。
英文要約
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る