成果報告書詳細
管理番号20090000001151
タイトル平成19年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業(モデル事業) 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 製糖工場におけるバガスエタノール製造モデル事業実施可能性調査(インド)
公開日2010/2/6
報告書年度2007 - 2007
委託先名丸紅株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約件名:平成19年度調査報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 「製糖工場におけるバガスエタノール製造モデル事業実施可能性調査(インド)」
本調査は、インドにおけるバガスエタノール製造に関する実証事業を行うための適切な設備、規模、方法、相手国政府機関及び実施サイト候補等との共同事業としての実施可能性、CDM化の可能性及び普及の蓋然性等についての調査を行ったものである。またバガスに加えて、モラセスからのエタノール製造についても併せて調査を行い、バガス・モラセス複合原料からの事業の検討を行った。実証事業では、砂糖の製造工程で発生する未利用のバガスを原料にバイオマスエタノールを製造する。製造されたエタノールは、インド国内においてガソリンと混合され自動車用燃料として使用されることにより、化石燃料であるガソリンの一部を代替する。第1章ではインド社会・政治・経済状況等のプロジェクトに関する基本情報を記述する。またインドのエネルギー構造及び再生可能エネルギーの導入状況について調査を行った。第2章では、本実証事業の対象産業となるインドの製糖産業及びエタノール産業について取りまとめている。サトウキビ生産の増大と砂糖価格の下落に伴い、インドの製糖産業では苦しい状況が続いていること、及び政府の燃料用エタノール普及政策により、エタノール原料の多角化の必要性を述べている。第3章では、対象技術の概要を述べ、第4章では、実施サイト候補の選定、及び調査結果に基づき策定された実証事業の実施計画の検討を行っている。第5章では本事業の収益性及び普及性の評価を行った。また第6章では、本事業のCDM事業化について検討した後、PDD案を作成した。本事業では、カーボンニュートラルの考え方に基づき、モラセス・バガスからバイオエタノールを製造する。ガソリンの一部を再生可能エネルギーであるバイオエタノールが代替するため、ガソリン消費量が減少し、温室効果ガスの削減が期待される。バイオエタノールは石油代替エネルギーとして継続的・安定的に石油消費量を低減させることが可能であり、同プロジェクト実施はインドの温室効果ガス排出量削減に貢献するものである。
英文要約Title: International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy Feasibility Study for Model Project for Ethanol Production from Bagasse in Sugar Factory in India (FY2007) Feasibility Study Report
The purpose of this feasibility study was to examine feasibility of a “Model Project for ethanol production from bagasse in a sugar factory in India". The study includes the verification of appropriate equipments, production volume, and production technology for the project, as well as the possibility of dissemination in India, and the possilibity of CDM Project in cooperation with a local partner. In addition to bagasse, the molasses is also examined as a alternative raw material for ethanol production. And the feasibility of ethanol production by the combination of molasses and bagasse is studied. In this project, the bio-ethanol is produced from bagasse which is residue and waste generated in the sugar production process. The produced ethanol is mixed with gasoline and used for automobile fuel. The ethanol replaces the gasoline, and therefore the utilization of ethanol can reduce the consumption of fossil fuel. The main items of this study are as follows: (1) Basic information for the project, such as society, politics, and economic situation of IndiaThis section includes the study of energy supply and demand and the situation of renewable energy in India. (2) Sugar and ethanol industry in India. This section reports the recent severe situation around the Indian sugar industries due to the sugar price decline by the increase of sugar production. As a result, the diversification of raw materials by ethanol production is recommended in this section. (3) Outline of the applied technology. (4) Selection of a partner candidate, and consideration of implementation plan of the Model Project based on this feasibility study. (5) Evaluation of profitability and dissemination of the project. (6) Consideration of the project as a CDM project, and preparation of PDD. In this project, the bio-ethanol is produced from molasses/bagasse based on the idea of carbon neutral. This ethanol replaces gasoline, which leads to the reduction of gasoline consumption as well as greenhouse gases. The utilization of bio-ethanol can reduce oil consumption continuously and stably, and this project is expected to contribute to the reduction of greenhouse gases in India.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る