成果報告書詳細
管理番号20100000000031
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A22002d 電気化学析出法を用いたナノヘテロ接合型ハイブリッドEL素子の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人岐阜大学吉田司
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約素子特性改善への指針を得るため、フォトルミネッセンス(PL)機構を調べた。緻密ZnO薄膜は熱処理によってNBE発光を示すのに対して、多孔質ZnO薄膜は酸素欠陥に由来する強い可視域発光を示し、熱処理によってその強度が大幅に減少することが分かった。熱処理後の膜に担持したEu錯体のPLEスペクトルがZnOのバンド端シフトを反映することが分かり、低温でのPL測定からEu錯体の発光強度が室温でも80Kの半分以上を保っていることから、ZnOからの励起子移動による錯体の発光が示唆された。ナノヘテロ接合の構築については、一分子内にZnOに結合するカルボキシル基とCuSCNに結合するアミノ基を共に有するローダミンB(RB)との複合化により、新規な2D垂直ポーラス構造ZnOを得ることに成功し、CuSCN/RB複合膜をパルス電解析出させる手法でZnOポア中への充填析出が可能となった。
英文要約In order to obtain directions to improve the device performance, photoluminescence (PL) properties of the materials were studied in detail. Dense ZnO was found to exhibit NBE luminescence upon heating, while porous ZnO exhibits strong visible luminescence from oxygen defects which were cured by heating to reduce the PL intensity. PLE spectra of the Eu complexes bound to the heated ZnO films, together with its strong PL at room temperature, indicated exiton transfer from ZnO to Eu complexes.The construction of nano-hetero junction device was significantly improved by the formation of vertical 2D nanostructure ZnO combined with pulsed electrodepsition of CuSCN, as they were made possible by hybridization with Rhodamine B, having both carboxylic acid group to anchor ZnO and amino group anchoring to CuSCN.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る