成果報告書詳細
管理番号20100000000034
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A23006d 液晶性を有する非プロトン性有機ゲル化剤の創製およびナノ構造を制御した有機ゲル電解質への応用 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人山口大学岡本浩明
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約本年度の研究により以下の知見が得られた。・新規な有機ゲル化剤を開発し、アセトニトリル、プロピレンカーボネートなどの高い誘電率を持つ有機溶媒を選択的にゲル化することを達成した。・液晶性ゲル化剤を目指した化合物は、ゲル化能を示すことはなかったが、液晶相においてリエントラント現象を発現した。
英文要約1) Novel liquid crystalline gelators were developed. The compounds can gelatinized several organic solvents having a large permittivity. 2) The gelators have liquid crystalline properties in bulk state.3) One of them shows re-entrant phenomena in liquid crystalline state.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る