成果報告書詳細
管理番号20100000000037
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A23013d 論理素子応用のための高性能有機トランジスタの開発 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人大阪大学竹谷純一
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約有機単結晶という有機半導体の理想形を用いて、現状技術の課題である、低電圧駆動トランジスタ、大気中n型高性能トランジスタ、及びパネル上での高電流増幅の実現に取り組み、基礎的な素子において本質的な解決に寄与する結果を得た。1)低電圧駆動トランジスタの実現のために、イオン液体の利用が効果的であることを明らかにした。2)n型高性能トランジスタの開発では、電子親和力の低い有機半導体の開発に成功すれば、空気成分のトラップの影響のない、すぐれたn型トランジスタが実現可能であることを、単結晶トランジスタにおいて実証した。3)実際に高密度の電流を得るために、3次元構造を有する新たなトランジスタ素子を開発し、極めて高い電流増幅性能を実現した。
英文要約Organic single crystals are idealized organic semiconductor materials. Utilizing their outstanding carrier transport property, I developed low-voltage operating transistors with the use of ionic liquid gating. Also, realizing high-performance n-type operation in air, it is shown that the crucial requirement for semiconductor materials is LUMO levels lower than relevant energies of redox agents in air. Lastly, 3-dimensional organic transistors are developed for future practical use in flexible display matrices, employing high-density vertical channels with well-aligned molecules. Indeed, the amplified current reaches 2 A/cm2, which is well above the requirement already.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る